お持ちの機器との接続方法

MUSIC BIRDは24bit48KHzの高音質放送。最新の専用チューナーをお使いいただくことで、
ハイエンドユーザーの方まで、迫力のサウンドをお楽しみいただけます。

※チューナーの詳細につきましては、「チューナー&アンテナについて」をご覧ください。

基本のセッティングはコレ!






●ミニコンポなどに接続する
お手持ちのミニコンポとチューナーを、ステレオピンコード(チューナーに付属)で接続するだけ。
高音質の音楽放送がすぐに大音量で楽しめます。

スピーカーだけでも大丈夫!






●スピーカーを直接接続する
もっとお手軽にセッティングするなら、お手持ちのスピーカーとチューナーを直接接続。スピーカーに付属(もしくは内蔵)のケーブルを繋ぐだけでお楽しみいただけます。
※ヘッドフォンを直接接続することはできません。

さらにいい音を追求するなら






デジタル入力対応のアンプに接続する
音質等を細かく設定したい「こだわり派」なら、光デジタルケーブルで接続。自分好みの音質で楽しめます。

※チューナー型番「CDT-1AM」は対応しません。

エアチェックして楽しむなら






●パソコンとデジタル接続する
お気に入りの音楽を録音して、あなただけのオリジナル・コレクション。光デジタルケーブルを使用してパソコンに接続すれば、
大容量の録音が可能です。
※チューナー型番「CDT-1AM」は対応しません。



●タイムシフトコントローラーに接続して楽しむ
タイムシフトコントローラー「C-T10TM」にミュージックバードのチューナーを接続することで、ご自宅で簡単にエアチェックしたコレクションを高音質でお楽しみいただけます。
※C-T10TMに対応するチューナーはCDT-3AFD/MDT-5CSXi/C-T100CSXiのみになります。(2018年11月現在)





【CDT-3AFDの接続例】


①チューナー背面のRCU端子から、タイムシフトコントローラー「C-T10TM」へ専用のケーブルを使用し接続します。
②タイムシフトコントローラーのUSB端子から、テアック社のSD-500HRとKeyboard端子にUSB接続します。
③チューナー背面の光TOSリンクから、タイムシフトコントローラーのOPTICAL INへ接続し、タイムシフトコントローラーのCOAXIAL OUTからSD-500HRのDIGITAL INへ接続してください。
④SD-500HRでエアチェックした音楽をお楽しみの際はアンプ、ミニコンポ等を使用してお楽しみください。





【C-T100CSXi / MDT-5CSXiの接続例】

①チューナー背面のRCU端子から、タイムシフトコントローラー「C-T10TM」へ専用のケーブルを使用し接続します。
②タイムシフトコントローラーのUSB端子から、テアック社のSD-500HRとKeyboard端子にUSB接続します。
③チューナー背面の同軸デジタル端子から、SD-500HRのDIGITAL INへ接続してください。
④SD-500HRでエアチェックした音楽をお楽しみの際はアンプ、ミニコンポ等を使用してお楽しみください。



※録音したものは、個人的に楽しむなどのほか、権利者に無断で使用することは法律で固く禁止されています。
エアチェック派の方必見。ネットワークオーディオでミュージックバードをもっと楽しむ接続例はこちら!

ご注意!
チューナーと他のオーディオ機器などを接続する場合、全ての機器の電源をあらかじめ切っておいてください。
接続後、チューナーのアダプターは最後に接続してください。