コラム「ミュージックバードってオーディオだ!」

<雑誌に書かせてもらえない、ここだけのオーディオ・トピックス>

ミュージックバード出演中の3名のオーディオ評論家が綴るオーディオ的視点コラム! バックナンバー

第126回/モノラル専用スピーカーが、なかなか決着がつかないまま時間は過ぎていく7月[田中伊佐資]





 ●7月×日/モノラル再生用スピーカー1個を買いに小田原のヴィンテージ店「アトリエJe-Tee」に行った日記(5月)の続き。 
 お店では3種のスピーカーが試聴できるようになっていた。可搬を用途とするGEのカバン型スピーカー、ジェンセンのCA-12エンクロージュア、そしてメーカー不詳の後面開放型。
「キズものでいいから安く」とお願いしてあったが、どれも50年以上前の製品なので板材の枯れ方がハンパではない。叩くとコーンと弦楽器のボディのようにいい音がする。
 せっかくなのでステレオ誌の「ヴィニジャン」でその様子を取材。そして編集担当のシュンスケも同席。彼はカバン型がめっぽう気に入ってしまい、ぼくに一言もなく「オレ、買います」と手を上げる暴挙に出た。若さのほとばしりに負けて譲ったとしたいところだが、ぼくは2番目のCA-12を聴く前から目を付けていた。彼はそれを察していたようだ。
 たまたま家のローン代が財布に入っているとかで、スパッと4万円を払った。
「まあ、レコード売れば捻出できるでしょう。こんなボロボロだから、かみさんはまさか買ったとは思わないでしょう」




 シュンスケが買ったGEのカバン型スピーカー









筆者が買ったジェンセンのエンクロージュアCA-12


 読まないから大丈夫というので、同誌7月号にそのことを書いたところ、たまたま書店で奥さんは立ち読みしたそうで、その瞬間にシュンスケへ電話が入ったそうだ。どの程度の落雷だったかは定かではないが、携帯を持ったまま直立したと彼は言っていた。
 そんなことでぼくはジェンセンのエンクロージュアCA-12のスピーカーを買うことにして、最後にユニットを確認しましょうと裏蓋をはずした。ここでまた新しいドラマが誕生する。
 ユニットはジェンセンではなく別のメーカー品だった。アメリカのマニアから買ったまま在庫していたそうで、その人がいろいろ試した結果そうなったのだろう。
 しかしこっちはヴィンテージ・オーディオ見習い中だ。まずはジェンセンのセットで聴きたい。じゃあユニットを何個か送りますので、比べてみてくださいというありがたい申し出が店からあり、モノラル・スピーカーをめぐるさすらいは舞台を自宅に移した。
 その模様は同誌9月号に詳しいが、完全決着せず。いやはやこれほど時間がかかるとは。



 ●7月×日/その「ヴィニジャン」をまとめたムックが音楽之友社から10月19日発売予定で出る。タイトルは「オーディオそしてレコード ずるずるベッタリ、その物欲記」。
 内容はそのまんまです。その表紙を、いまやキューバ音楽映画『Cu-Bop(キューバップ)』の監督として有名になったカメラマン高橋慎一さんにお願いする。
 高橋さんはTシャツに塩を吹くほど汗をかいて、ナイスな写真を撮ってくれた。アートディレクターは、ぼくがいつもお願いしている結城亨さん。基本的に自分の過去の原稿は気に入らないので、加筆訂正してちびちび入稿開始。これがひと苦労だ。

 ●7月×日/東京・八重洲の「Gibson Brands Showroom TOKYO」で、不定期開催している「八重洲レコード聴きまくり大会」のことは、このコーナーでは必ず書くようにしている。来場者数がしょぼくなると、打ち切りになるので、できるだけPRしたい。自慢ですが、かかるレコードはほぼオリジナル盤なので音はいいです。これも宣伝。
 今回のイベントは、アナログオーディオ・フェアでチラシを配った効果があり、立ち見まで出た。たいへんうれしい。




初公開『オーディオそしてレコード ずるずるベッタリ、その物欲記』の表紙。10月19日、音楽之友社から発売予定。

 相方のdiskunion JazzTOKYO店長生島さんがかけたレコードは下記。
◎ボーン・トゥ・ビー・ブルー/ビバリー・ケニー
◎心のうちがわかればいいの/佐々木好
◎アメリカン・チューンズ/アラン・トゥーサン
◎ノウ・ホワット・アイ・ミーン/キャノンボール・アダレイ
◎ララバイ・フォー・ルーザーズ/エセル・エニス

ぼくがかけたレコードは下記。
◎ストリップト/ザ・ローリング・ストーンズ
◎ウォーク・ビトウィーン・レインドロップス/ドナルド・フェイゲン(12インチシングル)
◎スリーピング・ジプシー/マイケル・フランクス
◎グッバイ・イエロー・ブリック・ロード/エルトン・ジョン
◎つづれおり/キャロル・キング
 なんか、今回は王道系が多い。ちなみに珍盤をかけてお客さん一同ドン引きというケースはよくあります。

(2016年8月10日更新) 第125回に戻る 第127回に進む

田中伊佐資

田中伊佐資(たなかいさし)

音楽出版社を経てフリーライターに。「ジャズライフ」「ジャズ批評」「月刊ステレオ」「オーディオアクセサリー」「analog」などにソフトとハードの両面を取り混ぜた視点で連載を執筆中。著作に「オーディオ風土記」(DU BOOKS)「ぼくのオーディオ ジコマン開陳 ドスンと来るサウンドを求めて全国探訪」(SPACE SHOWER BOOKS)がある。

  • アナログ・サウンド大爆発!~オレの音ミゾをほじっておくれ

  • お持ちの機器との接続方法
    コラム「ミュージックバードってオーディオだ!」バックナンバー