コラム「ミュージックバードってオーディオだ!」

<雑誌に書かせてもらえない、ここだけのオーディオ・トピックス>

ミュージックバード出演中の3名のオーディオ評論家が綴るオーディオ的視点コラム! バックナンバー

第13回/ACアダプターをソーラーパネルに替えてみたら

 前回「音をよくする3つの方法」の中で、ソーラーパネル・オーディオに取り組む人たちを紹介したら、予想をはるかに上回る反響をちょうだいした。筆者宅へのお電話、メールはもちろん、たまたま街で会った人から「ソーラーパネル・オーディオって、いったい何なんですか!?」と詰め寄られることもあった! とにかく、皆さん関心大有りのようなので、この1か月間の主なやり取りをQ&A形式にまとめてみた。








ソーラーパネルを玄関に設置し、
デジタルアンプ用の18Vを発電中

Q1)ソーラーパネルで、オーディオ機器を駆動するって、なんか考えられないんですけど、実際どうやってやるんですか。
A1)オーディオ機器の多くは、家庭用の交流100ボルトで駆動しますが、世の中には、乾電池や充電池、ACアダプター(数ボルトから十数ボルトの直流)で駆動するオーディオ機器もけっこうあります。そういった機器とソーラーパネルを、直接つないであげればよいのです。

Q2)電気や電子に関する専門的な知識や技術が必要なのではないでしょうか。
A2)一切不要です。小学校の理科がわかっていれば、それで十分。要するに、1枚のソーラーパネルを、1個の乾電池だと考えればよいのです。注意するのは、+と-を間違えないようにすることくらい。もちろん、感電の心配もありません。

Q3)機器とソーラーパネルには、相性みたいな物があるのでしょうか。
A3)「この機器は、鳴らすのに9ボルト必要」「このパネルは9ボルト発電するタイプだから、これ」みたいな組合せは考える必要があります。しかし、それはさっきも言ったように、乾電池と同じ考え方でよいのです。9ボルト発電するパネルを2枚直列にすると18ボルトになる。4枚直列にすると36ボルト。電流の量が足りないときは、並列にしてやればよい。

Q4)ソーラーパネル駆動することで、機器が壊れる可能性はゼロですか。
A4)ここまで述べたことを守っていただければ、何の問題もないと思われますが、世の中には様々な方がいらっしゃいますから、接続はあくまで自己責任でお願いします。

Q5)乾電池やACアダプターで駆動できるオーディオ機器で、あっと驚くような音楽再生が可能なのでしょうか。どうしても信じられません。
A5)何百万円もする巨大マルチウェイ・スピーカー、超重量級パワーアンプに、それなりのメリットがあることは否定しません。しかし、小型スピーカー、小出力パワーアンプに独自のメリットがあるというのも、またひとつの真実なのです。小型スピーカーや小出力アンプは、仕方なく使うものではなく、「それでしか出せないナチュラルな音」があるから使う。ソーラーパネルは、それらをより理想に近付けるための手法だとお考えいただきたい。




Q6)いわゆる「家庭用交流電源のノイズ」を嫌ってのことなら、乾電池駆動で十分ではないでしょうか。
A6)筆者も、最初はそう考えていました。しかし、実際ソーラーパネルと乾電池を聴き比べてみると、勝負になりません。もちろんソーラーパネルの圧勝です。

Q7)近年、再生可能エネルギーの活用がブームとなっていますが、これは省エネが目的なのでしょうか。
A7)中にはそういう方もいらっしゃるでしょうが、基本は「音をより良くするため」とお考えください。

 さらにくわしい情報は、今月20日(木)に発売される『レコード芸術』誌7月号の239ページをぜひご覧いただきたい。

(2013年6月20日更新) 第12回に戻る 第14回に進む  



『レコード芸術』7月号239ページをチェック!

【イベント】マックトン十番勝負!第5回:”限りなく原音に近い再生”SATRIが登場 ※イベントは終了しました
 5月お迎えするのは、『九州のアインシュタイン』と称される鬼才、永井明氏のブランドSATRI(サトリ)です。管球式アンプ、半導体アンプの位相特性を鋭く批判し、「その問題を乗り越えられるのは、SATRIアンプだけ」と豪語する永井氏ですが、はたしてその音はいかに!?
 村井氏の著書『これだ!オーディオ術』をお持ちの方は、P110-117をぜひお読みください。村井氏によるバクーン・プロダクツ本社訪問レポートが掲載されています。

<使用機材>
●D/Aコンバーター:DAC-9730 ●プリアンプ:PRE-5410MK3 ●パワーアンプ:SHP-5516M-S

  日時/6月28日(金)19:00~20:30
  場所/マックトン試聴室(西武新宿線・井荻駅から徒歩7分)地図
  プロデュース・司会/村井裕弥
  予約/必ず事前にお電話でご予約ください。
     TEL:03-3394-0131(マックトン)  ※試聴機返送の日程上、翌土曜日の試聴はできません。  

村井裕弥

村井裕弥(むらいひろや)

音楽之友社「ステレオ」、共同通信社「AUDIO BASIC」、音元出版「オーディオアクセサリー」で、ホンネを書きまくるオーディオ評論家。各種オーディオ・イベントでは講演も行っています。著書『これだ!オーディオ術』(青弓社)。

  • これだ!オーディオ術~お宝盤徹底リサーチ~
  • お持ちの機器との接続方法
    コラム「ミュージックバードってオーディオだ!」バックナンバー