都会から山形へ。地域おこし協力隊の「シティボーイ」が感じたギャップと魅力

都会から山形へ。地域おこし協力隊の「シティボーイ」が感じたギャップと魅力

豊かな自然に囲まれて、のんびりと過ごす時間。そんな“田舎暮らし”に憧れ、都会から移住する人が増えている。その一方で、現地の暮らしやコミュニティに対して「こんなはずではなかった」と頭を抱えるケースもまた少なくない。総務省が主宰、全国の各自治体が任命する「地域おこし協力隊」の制度を利用し、埼玉から山形県の南部・置賜(おきたま)地域に移住した塗 貴旭(ぬり・たかあき)さんもその一人だったが、地域で地に足の…
もっと表示する

タグ

カテゴリ