121chTHE CLASSIC【Premium】

コンサートイマジン presents 今トキ!クラシック


(日)11:00~12:00
翌週再放送
コンサートイマジン presents 今トキ!クラシック
(左から)渡辺、平林直哉氏、阿部和憲氏
音楽事務所「コンサートイマジン」に所属する、今をときめくアーティスト(=今トキ!)達が、リレー形式でパーソナリティを務めます。アーティストならではの視点で音楽の聴き方を提案。コンサート情報もいち早くご紹介します。コンサートイマジン

<フルトヴェングラーに魅せられて~渡辺克也(Ob)がパーソナリティに>
11月12日・26日/第4回・5回:ベートーヴェンの交響曲第7番を巡って
ゲスト:平林直哉(音楽評論家)阿部和憲(日本ダブルリード株式会社)

 10月からパーソナリティを務めている渡辺克也さん。先月に引き続き、平林直哉さん、阿部和憲とともにお送りします。巨匠ヴィルヘルム・フルトヴェングラーの魅力をテーマにお送りする第4回、第5回は、シューベルトの交響曲第8番ハ長調D944「ザ・グレート」を分析していきます。番組の始めには、渡辺さんの演奏をご紹介。フルトヴェングラー愛が感じられる演奏をお楽しみください。(再・19日、12月3日)

●平林直哉「GRAND SLAM」レーベル→http://www.kinginternational.co.jp/label/grandslam/

11月12日の曲目 26日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

渡辺克也

出演:渡辺克也

東京藝術大学卒業。在学中に新日本フィルに入団。90年日本管打楽器コンクールで優勝し大賞も受賞。91年渡独、ヴッパータール響、カールスルーエ州立歌劇場管、ベルリン・ドイツ・オペラ歌劇場管の首席奏者を歴任し、現在はソリスツ・ヨーロピアンズ・ルクセンブルクの首席奏者を務める。ソリストとしてもハンガリー放送響、ザグレブ・フィル、スロヴァキア・フィルや国内主要オケと共演。洗足学園音楽大学客員教授。ベルリン在住。

コンサートイマジン presents 今トキ!クラシック
(左から)渡辺、平林直哉氏、阿部和憲氏
<フルトヴェングラーに魅せられて~渡辺克也(Ob)がパーソナリティに>
 10月~12月は、オーボエ奏者でドイツ・ベルリン在住の渡辺克也さん。帰国を狙って、番組に出演していただきました!番組のテーマ曲も渡辺さんの演奏にリニューアルです。巨匠ヴィルヘルム・フルトヴェングラーを愛する渡辺さん。番組冒頭にご紹介する渡辺さんの演奏、ラヴェルの「ハバネラ形式による小品」は、フルトヴェングラーが好きすぎて、演奏の解釈のルーツになっているのが分かります。

10月1日・15日・29日/第1回~第3回:ベートーヴェンの交響曲第7番を巡って
ゲスト:平林直哉(音楽評論家)阿部和憲(日本ダブルリード株式会社)

 第1~3回は、2人のゲストをお迎えしました。音楽評論家の(特にフルトヴェングラーの研究が専門)平林直哉さん。ヒストリカル復刻物中心のレーベル「GRAND SLAM」の制作でもお馴染みの人物。渡辺さんがベルリンのご自宅に平林さんを招くと、お酒の肴が決まってフルトヴェングラーなんだとか(笑)そして、ドはまりしているもう一人が、日本ダブルリード株式会社の阿部和憲さん。フルトヴェングラーの魅力に取りつかれた“オタク”な3人が、演奏者の視点、録音の視点から語りつくします。

10月1日の曲目 15日の曲目 29日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

渡辺克也

出演:渡辺克也

東京藝術大学卒業。在学中に新日本フィルに入団。90年日本管打楽器コンクールで優勝し大賞も受賞。91年渡独、ヴッパータール響、カールスルーエ州立歌劇場管、ベルリン・ドイツ・オペラ歌劇場管の首席奏者を歴任し、現在はソリスツ・ヨーロピアンズ・ルクセンブルクの首席奏者を務める。ソリストとしてもハンガリー放送響、ザグレブ・フィル、スロヴァキア・フィルや国内主要オケと共演。洗足学園音楽大学客員教授。ベルリン在住。

コンサートイマジン presents 今トキ!クラシック
共演暦20年!の荘村清志さん。 (右は山形)
コンサートイマジン presents 今トキ!クラシック
ワインジャーナリスト・岩城ゆかりさんを迎えての最終回。
<幸せはフルートとともに~山形由美(Fl)がパーソナリティに>
9月3日/第5回:共演20年!ギター奏者・荘村清志さんを迎えて
 たくさんの音楽家と共演を重ねてきた山形由美さん。その中でも共演歴の長い荘村清志さんをゲストに迎えて、様々なエピソードを振り返ります。二人が初めて共演したのは1997年、今年で20年を迎えたのです!初対面はその7年前のテレビ番組の収録。当時の思い出を話す二人は、まるで同窓会のよう!? グラナドス「アンダルーサ」、ロッシーニ「愛」、ウィーター「ハイヒール」など共演した作品の数々をお送りします。[再放送=10日]

9月17日/第6回:音楽とワインと親友と―岩城ゆかりさんを迎えて
 山形由美さんの最終回は、音楽のお供に彼女の大好きなワインのお話を添えて。親友でもあり先生でもある、ワインジャーナリストの岩城ゆかりさんをゲストに迎えました。ピアニストの林絵里さんや小柳美奈子さんらと共に定期的に行っているテイスティング勉強会でのエピソードは、ワイン片手に聞きたいお話。そして、実は音楽通で(学生時代は、パンクロック・バンドで活動していたのです!)、チェンバロも演奏できるという岩城さん。クリスマスパーティで山形さんのフルートと共演した、バッハの「フルートとオブリガードチェンバロのためのソナタ」をお聞きいただきます。音楽とワインと通して深まった二人の温かい雰囲気が心地よい最終回です。[再放送=24日]

9月3日の曲目 17日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

渡辺克也

出演:渡辺克也

東京藝術大学卒業。在学中に新日本フィルに入団。90年日本管打楽器コンクールで優勝し大賞も受賞。91年渡独、ヴッパータール響、カールスルーエ州立歌劇場管、ベルリン・ドイツ・オペラ歌劇場管の首席奏者を歴任し、現在はソリスツ・ヨーロピアンズ・ルクセンブルクの首席奏者を務める。ソリストとしてもハンガリー放送響、ザグレブ・フィル、スロヴァキア・フィルや国内主要オケと共演。洗足学園音楽大学客員教授。ベルリン在住。