121chTHE CLASSIC

『レコード芸術』優秀録音盤レビュー


毎月第1&第2日曜日12:00~16:00 
再放送=翌土曜日18:00~22:00
『レコード芸術』優秀録音盤レビュー

▲画像をクリック(CDを購入できます)
 いい音にこだわるクラシック・ファンのための番組。音楽之友社の雑誌、月刊『レコード芸術』に毎号、優秀録音盤として5人の執筆者が推薦するCDを2週に分けてすべてご紹介します。ハイレゾへの注目が高まる昨今ですが、発売点数の多さ、ヴァラエティの豊かさを考えれば、クラシック音楽の世界ではまだまだCDの魅力は衰えません。出演はオーディオ誌を中心に健筆をふるう山之内正。アマオケでコントラバスを演奏するなどクラシック音楽への造詣も深く、録音・音響の視点から、現代のクラシック音楽を楽しみ、考える番組です。

月刊『レコード芸術』誌とのコラボレーション番組
4月2日&9日(日)12:00~16:00 再放送=4月8日&15日(土)18:00~22:00

 今月は注目のアルバムがずらり!まずは、ロナルド・ブラウティハムのモーツァルト最新盤。2013年5月にはミヒャエル・ アレクサンダー・ヴィレンズ率いるケルン・アカデミーと来日してモーツァルトのピアノ協奏曲を演奏、各公演ともにアンサンブルの密度の高い熱演を聴かせたブラウティハム、今回のアルバムには第20番と第27番が収録されています。そして、ノルウェーの高音質レーベル「2L」から、トロンハイム・ソロイスツの新録音盤『投影と熟考』。第59回グラミー賞の小アンサンブル演奏部門とサラウンド・サウンド部門にノミネートされており、トロンハイム・ソロイスツは今回で同賞8回目のノミネートとなっています。その他『レコード芸術』4月号掲載の優秀録音盤をご紹介。

4月2日の曲目 9日の曲目 
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
山之内正

出演:山之内正

オーディオ評論家。神奈川県横浜市出身。東京都立大学理学部卒。在学時は原子物理学を専攻する。出版社勤務を経て、音楽の勉強のためドイツで1年間過ごす。帰国後より、デジタルAVやホームシアター分野の専門誌を中心に執筆。趣味の枠を越えてクラシック音楽の知識も深く、その視点はオーディオ機器の評論にも反映されている。近著:「目指せ!耳の達人」(共著、音楽之友社)、「ネットオーディオ入門」(講談社ブルーバックス)など。

月刊『レコード芸術』誌とのコラボレーション番組
3月5日&12日(日)12:00~16:00 再放送=3月11日&18日(土)18:00~22:00

今月は『レコード芸術』3月号掲載の優秀録音盤をご紹介します。
3月5日の曲目 12日の曲目 
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
山之内正

出演:山之内正

オーディオ評論家。神奈川県横浜市出身。東京都立大学理学部卒。在学時は原子物理学を専攻する。出版社勤務を経て、音楽の勉強のためドイツで1年間過ごす。帰国後より、デジタルAVやホームシアター分野の専門誌を中心に執筆。趣味の枠を越えてクラシック音楽の知識も深く、その視点はオーディオ機器の評論にも反映されている。近著:「目指せ!耳の達人」(共著、音楽之友社)、「ネットオーディオ入門」(講談社ブルーバックス)など。

『レコード芸術』優秀録音盤レビュー
▼画像をクリック(CDを購入できます)




▲画像をクリック(CDを購入できます)
月刊『レコード芸術』誌とのコラボレーション番組
2月5日&12日(日)12:00~16:00 再放送=2月11日&18日(土)18:00~22:00

 今月は、『レコード芸術』2月号掲載の優秀録音盤をご紹介。ヤンソンス&コンセルトヘボウ管のブルックナー9番、ハーディング&スウェーデン放送響のラモーとベルリオーズ、さらにハーゼルベック&ウィーン・アカデミー管のベートーヴェン3番と超話題盤が勢ぞろい!演奏も然る事ながら、RCO Live、Harmonia Mundi、Alpha、と、音質にこだわるレーベルからの発売ということにも注目です。そして、広上淳一&日フィルの名コンビによるベートーヴェン5番と7番(2016年録音版)は、1990年代のリリースから十数年を経て、2016年の進化系をお楽しみいただけます。さらに児玉麻里&桃姉妹の初共演アルバム『チャイコフスキー・ファンタジー』は、編曲者にも注目です。

2月5日の曲目 12日の曲目 
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。




山之内正

出演:山之内正

オーディオ評論家。神奈川県横浜市出身。東京都立大学理学部卒。在学時は原子物理学を専攻する。出版社勤務を経て、音楽の勉強のためドイツで1年間過ごす。帰国後より、デジタルAVやホームシアター分野の専門誌を中心に執筆。趣味の枠を越えてクラシック音楽の知識も深く、その視点はオーディオ機器の評論にも反映されている。近著:「目指せ!耳の達人」(共著、音楽之友社)、「ネットオーディオ入門」(講談社ブルーバックス)など。