121chTHE CLASSIC【Premium】

『レコード芸術』優秀録音盤レビュー


毎月第1&第2日曜日12:00~16:00 
再放送=翌土曜日18:00~22:00
『レコード芸術』優秀録音盤レビュー
▼画像をクリック(CDを購入できます)



▲画像をクリック(CDを購入できます)
 いい音にこだわるクラシック・ファンのための番組。音楽之友社の雑誌、月刊『レコード芸術』に毎号、優秀録音盤として5人の執筆者が推薦するCDを2週に分けてすべてご紹介します。ハイレゾへの注目が高まる昨今ですが、発売点数の多さ、ヴァラエティの豊かさを考えれば、クラシック音楽の世界ではまだまだCDの魅力は衰えません。出演はオーディオ誌を中心に健筆をふるう山之内正。アマオケでコントラバスを演奏するなどクラシック音楽への造詣も深く、録音・音響の視点から、現代のクラシック音楽を楽しみ、考える番組です。

月刊『レコード芸術』誌とのコラボレーション番組
8月6日&13日(日)12:00~16:00 再放送=8月12日&19日(土)18:00~22:00

 クルト・ザンデルリンクの三男で、現在ヨーロッパで熱い注目を集めている指揮者ミヒャエル・ザンデルリンクによる「英雄」、グザヴィエ・ロト&レ・シエクルの「ダフニスとクロエ」、さらに高音質のLINNレーベルから加藤訓子(マリンバ)によるアルバム『J.S.バッハ:マリンバのための無伴奏作品集』ほか、話題盤がぞくぞく登場!『レコード芸術』8月号掲載の優秀録音盤を全てご紹介します。

8月6日の曲目 13日の曲目 
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
山之内正

出演:山之内正

オーディオ評論家。神奈川県横浜市出身。東京都立大学理学部卒。在学時は原子物理学を専攻する。出版社勤務を経て、音楽の勉強のためドイツで1年間過ごす。帰国後より、デジタルAVやホームシアター分野の専門誌を中心に執筆。趣味の枠を越えてクラシック音楽の知識も深く、その視点はオーディオ機器の評論にも反映されている。近著:「目指せ!耳の達人」(共著、音楽之友社)、「ネットオーディオ入門」(講談社ブルーバックス)など。

『レコード芸術』優秀録音盤レビュー
▼画像をクリック(CDを購入できます)


▲画像をクリック(CDを購入できます)
月刊『レコード芸術』誌とのコラボレーション番組
7月2日&9日(日)12:00~16:00 再放送=7月8日&15日(土)18:00~22:00

 マーラー対決!?山田和樹&日本フィルの第4番VSイヴァン・フィッシャー&ブタペスト祝祭管の第3番!まずは、若き巨匠、山田和樹が全身全霊を傾けた興奮のマーラー・ライヴをご紹介。オーチャード・ホールにて3年に渡って行なわれたマーラー・シリーズも今年2017年に終わりを迎えます。第3弾としてリリースされた交響曲第4番では、小林沙羅(S)がソリストを務めました。そして、ハンガリーの鬼才イヴァン・フィッシャーとブダペスト祝祭管弦楽団による、交響曲第3番。超高音質録音で世界中で話題のディスクです。アルト独唱は、ドゥダメル&ベルリン・フィルやハイティンク&バイエルン放送響など、近年のマーラー交響曲第3番録音でも活躍を続けるドイツの歌手、ゲルヒルト・ロンベルガー。そのほか、大人気エベーヌ弦楽四重奏団の2017年の新作『エターナル・ストーリーズ』、ヴィオラの名手、アントワーヌ・タメスティ2017年最新盤『ベル・カント~ヴィオラの声』、ハープ・箜篌奏者、作曲家である佐々木冬彦の、東日本大震災以後の作品を収めたアルバム『佐々木冬彦作品集 愛について』。『レコード芸術』7月号掲載の優秀録音盤を中心にご紹介します。

7月2日の曲目 9日の曲目 
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
山之内正

出演:山之内正

オーディオ評論家。神奈川県横浜市出身。東京都立大学理学部卒。在学時は原子物理学を専攻する。出版社勤務を経て、音楽の勉強のためドイツで1年間過ごす。帰国後より、デジタルAVやホームシアター分野の専門誌を中心に執筆。趣味の枠を越えてクラシック音楽の知識も深く、その視点はオーディオ機器の評論にも反映されている。近著:「目指せ!耳の達人」(共著、音楽之友社)、「ネットオーディオ入門」(講談社ブルーバックス)など。

月刊『レコード芸術』誌とのコラボレーション番組
6月4日&11日(日)12:00~16:00 再放送=6月10日&17日(土)18:00~22:00

 今月は、G.アントニーニ、P.ジョルダン、山田和樹…注目の指揮者による話題盤が登場!長期にわたるプロジェクトとして進行しているイル・ジャルディーノ・アルモニコの”ハイドン2032シリーズ”(ハイドン生誕300周年にあたる2032年までに100曲以上ある交響曲を全曲録音してゆくシリーズ。)、第4弾は「ハイドンの演劇性」をテーマに、交響曲第60番「うかつ者」他が収録されています。フィリップ・ジョルダン&パリ・オペラ座管弦楽団の最新録音は「展覧会の絵」、山田和樹&スイス・ロマンド管弦楽団による「バッカスとアリアーヌ 他」は国内盤仕様で登場。さらに、日本を代表するトランペット奏者、 佐藤友紀の初ソロ・アルバム『PRAYER -トランペット&オルガン作品集-』も聴きごたえたっぷり!『レコード芸術』6月号掲載の優秀録音盤を中心にご紹介します。

6月4日の曲目 11日の曲目 
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
山之内正

出演:山之内正

オーディオ評論家。神奈川県横浜市出身。東京都立大学理学部卒。在学時は原子物理学を専攻する。出版社勤務を経て、音楽の勉強のためドイツで1年間過ごす。帰国後より、デジタルAVやホームシアター分野の専門誌を中心に執筆。趣味の枠を越えてクラシック音楽の知識も深く、その視点はオーディオ機器の評論にも反映されている。近著:「目指せ!耳の達人」(共著、音楽之友社)、「ネットオーディオ入門」(講談社ブルーバックス)など。