121chTHE CLASSIC【Premium】

『レコード芸術』優秀録音盤レビュー


★3月末終了 隔週(日)12:00~16:00
(翌週再放送)
『レコード芸術』優秀録音盤レビュー
▼画像をクリック(CDを購入できます)



▲画像をクリック(CDを購入できます)
 いい音にこだわるクラシック・ファンのための番組。音楽之友社の雑誌、月刊『レコード芸術』に毎号、優秀録音盤として5人の執筆者が推薦するCDを2週に分けてすべてご紹介します。ハイレゾへの注目が高まる昨今ですが、発売点数の多さ、ヴァラエティの豊かさを考えれば、クラシック音楽の世界ではまだまだCDの魅力は衰えません。出演はオーディオ誌を中心に健筆をふるう山之内正。アマオケでコントラバスを演奏するなどクラシック音楽への造詣も深く、録音・音響の視点から、現代のクラシック音楽を楽しみ、考える番組です。

月刊『レコード芸術』誌とのコラボレーション番組
3月4日・18日(日)12:00~16:00 再放送=11日・25日(日)12:00~16:00

 2014年10月にスタートして3年半、これまでにたくさんのディスクをご紹介してきました。最終回となる3月も、音楽&音響の面から優れたディスクをお届けしていきます。
 4日は『レコード芸術』3月号掲載の優秀録音盤をご紹介。チェチーリア・バルトリの3年ぶりとなるアルバム『ドルチェ・デュエロ』は、今をときめくチェリスト、ソル・ガベッタとの共演。ガベッタの兄、アンドレス・ガベッタと彼が率いる古楽器アンサンブルにもご注目。さらに、エル=バシャによる2017年最新盤はグラナドスの傑作「ゴイェスカス」。スペイン音楽を代表する大作と、エル=バシャの圧巻のピアニズムをお楽しみください。
 そして18日の最終回では、「山之内正が選ぶ優秀録音盤」として、最近リリースされたディスクの中で特に録音の良いものを厳選してご紹介します。

<『レコード芸術』3月号掲載の優秀録音盤>
・ソル・ガベッタ(Vc)チェチーリア・バルトリ(Ms)
『ドルチェ・デュエロ』
・フランソワ・ジュベール=カイエ&ラシェロン
『ギボンズ:ヴィオラ・ダ・ガンバ合奏のための作品さまざま』
・アブデル=ラーマン・エル=バシャ(P)
『グラナドス:ピアノ組曲「ゴイェスカス」-恋するマホたち-「スペイン舞曲集」より』

3月4日の曲目 18日の曲目 
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
山之内正

出演:山之内正

オーディオ評論家。神奈川県横浜市出身。東京都立大学理学部卒。在学時は原子物理学を専攻する。出版社勤務を経て、音楽の勉強のためドイツで1年間過ごす。帰国後より、デジタルAVやホームシアター分野の専門誌を中心に執筆。趣味の枠を越えてクラシック音楽の知識も深く、その視点はオーディオ機器の評論にも反映されている。近著:「目指せ!耳の達人」(共著、音楽之友社)、「ネットオーディオ入門」(講談社ブルーバックス)など。

『レコード芸術』優秀録音盤レビュー
▼画像をクリック(CDを購入できます)


▲画像をクリック(CDを購入できます)
月刊『レコード芸術』誌とのコラボレーション番組
2月4日&18日(日)12:00~16:00 再放送=11日&25日(土)12:00~16:00

『レコード芸術』2月号掲載の優秀録音盤を全てご紹介します。
 ・トーマス・インデアミューレ(Ob)
  『テレマン:小室内楽曲集(6つのパルティータ)』
 ・ニルス・メンケマイヤー(Vla)
  『ブラームス:ヴィオラ・ソナタ第1番・第2番 ハンガリー舞曲集』
 ・デニス・マツーエフ(P)
  『ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第1番 他』
 ・上岡敏之&新日本フィル
  『ベルリオーズ:幻想交響曲 リスト:ハンガリー狂詩曲第2番』
 ・フィリップ・ジョルダン&ウィーン響
  『ベートーヴェン:交響曲第1番&第3番「英雄」』

2月4日の曲目 18日の曲目 
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
山之内正

出演:山之内正

オーディオ評論家。神奈川県横浜市出身。東京都立大学理学部卒。在学時は原子物理学を専攻する。出版社勤務を経て、音楽の勉強のためドイツで1年間過ごす。帰国後より、デジタルAVやホームシアター分野の専門誌を中心に執筆。趣味の枠を越えてクラシック音楽の知識も深く、その視点はオーディオ機器の評論にも反映されている。近著:「目指せ!耳の達人」(共著、音楽之友社)、「ネットオーディオ入門」(講談社ブルーバックス)など。

『レコード芸術』優秀録音盤レビュー
▼画像をクリック(CDを購入できます)



▲画像をクリック(CDを購入できます)
月刊『レコード芸術』誌とのコラボレーション番組
1月7日・21日(日)12:00~16:00 再放送=14日・28日(土)12:00~16:00

『レコード芸術』1月号掲載の優秀録音盤を全てご紹介します。

・小町碧(Vn)『Colours of the Heart』
・柴山晴美(S)つのだたかし(リュート他)『スペインのロマンセ』
・東京六人組『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』
・小林研一郎&ロンドン・フィル『ショスタコーヴィチ/交響曲第5番ニ短調』
・鈴木雅明&バッハ・コレギウム・ジャパン『J.S.バッハ:世俗カンタータ Vol.4』

1月7日の曲目 21日の曲目 
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
山之内正

出演:山之内正

オーディオ評論家。神奈川県横浜市出身。東京都立大学理学部卒。在学時は原子物理学を専攻する。出版社勤務を経て、音楽の勉強のためドイツで1年間過ごす。帰国後より、デジタルAVやホームシアター分野の専門誌を中心に執筆。趣味の枠を越えてクラシック音楽の知識も深く、その視点はオーディオ機器の評論にも反映されている。近著:「目指せ!耳の達人」(共著、音楽之友社)、「ネットオーディオ入門」(講談社ブルーバックス)など。