121chTHE CLASSIC【Premium】

白沢達生の旅する古楽


(月~金)16:00~18:00
(翌週再放送)
白沢達生の旅する古楽



ヨーロッパ諸国にて発展し、時を超えて今も豊かに進化し愛され続ける古楽音楽。中世・ルネッサンス時代を経てバッハに至るまで約500年。時空を超える長い旅の中で、人々はどんなことを感じ、音楽という形で何を残そうとしたのでしょうか?古楽の名のもとにどれほど多様でエキサイティングな世界があるか、「旅」をテーマにさまざまな音源をご紹介してゆきます。知ればますます聴きたくなる!白沢達生氏による解説で古楽の世界にご案内します。

<3月のテーマ:ドイツの古楽~バッハはここにいた~>
 ドイツの古楽というと真っ先に思い浮かぶのが、J.S.バッハ。バッハの生誕(3月21日)に想いを馳せながら、ドイツという広い地域を巡ってゆきます。もちろん、バッハ一人ではドイツの古楽を全て語ることはできません。そこには様々な歴史があり、色々な人物が活躍していたのです。

2月24日/ミュンヘン ~バロック芸術と、バイエルン公の多様な趣味~
2月25日/シュトゥットガルト ~フランスとの懸け橋、ロココの予感~
2月26日/ダルムシュタット、マンハイム ~古典派へ向かうロココとバロック~
2月37日/マインツ、フランクフルト、ヴュルツブルク、バンベルク~ライン川から内陸へ 音楽家も貴族も旅をする~
2月28日/ニュルンベルク ~城下町の魅力、印刷の拠点~

3月9日/テューリンゲン~バッハ一族の故郷
3月10日/テューリンゲンからザクセンへ~J.S.バッハを育てた時代の空気
3月11日/ライプツィヒ ~バッハと先任者、門弟たちをめぐる時代の推移
3月12日/ドレスデン1~プロテスタントの牙城からカトリックの時代へ
3月13日/ドレスデン2~宮廷楽団の名手たちと近隣の作曲家

3月23日/リューネブルクをへてリューベックへ~北ドイツへの道
3月24日/ハンブルク~北海に臨む港湾都市の文化
3月25日/ヴォルフェンビュッテル、ハノーファー~ドイツ音楽の新潮流が交わるところ
3月26日/ベルリンとポツダム~フリードリヒ大王の宮廷で
3月27日/ベルリンとポツダム2~宮廷の音楽、市内の音楽 

THE CLASSIC オンエア曲リスト
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

白沢達生

出演:白沢達生

翻訳家・音楽ライター。英文学専攻を経て青山学院大学大学院で西洋美術史を専攻。音楽雑誌編集をへて輸入販売に携わり、仏・伊・英・独・蘭・西語など欧州諸言語の翻訳および音楽著述を手がけるように。訳書にジル・カンタグレル著『バッハを愉しむとき』(仏Alpha)、『フィリップ・ヘレヴェッヘとの対話』(カミーユ・ド・レイクによるインタビュー、ベルギーPhi)。かのうよしこ主宰「カキョクカフェ」企画協力、遠藤雅司主宰『音食紀行』やコストマリー主宰中世イベントなどでトーク役も。Alpha、AeC、Arcana、Ricercar、Zig-Zag TerritoiresなどCDライナーノート翻訳多数。

白沢達生の旅する古楽
白沢達生の旅する古楽
<2月のテーマ:北海周辺の古楽~英国諸島、欧州大陸、北欧のつながり~>
1月27日/アントウェルペン~職人と商人の港町、その文化の豊かさ
1月28日/アムステルダム①~文化発信都市
1月29日/アムステルダム②~市民生活の広がりと国際化
1月30日/デン・ハーグ~オランダ連邦の中心を占める大都市
1月31日/オストフリースラント、フースム~北海沿い、デンマークとオランダの間のドイツ

2月10日/ハンブルク~ショップ、ラインケン、ヴェックマン、カイザー、テレマン
2月11日/デンマークへ向かう人々
2月12日/デンマークと欧州の作曲家たち
2月13日/ヌーカッスル、エディンバラ~エイヴスンと彼の楽譜
2月14日/ロンドン~シティ・ウェイツ盤、ジェミニアーニ

THE CLASSIC オンエア曲リスト
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。


白沢達生

出演:白沢達生

翻訳家・音楽ライター。英文学専攻を経て青山学院大学大学院で西洋美術史を専攻。音楽雑誌編集をへて輸入販売に携わり、仏・伊・英・独・蘭・西語など欧州諸言語の翻訳および音楽著述を手がけるように。訳書にジル・カンタグレル著『バッハを愉しむとき』(仏Alpha)、『フィリップ・ヘレヴェッヘとの対話』(カミーユ・ド・レイクによるインタビュー、ベルギーPhi)。かのうよしこ主宰「カキョクカフェ」企画協力、遠藤雅司主宰『音食紀行』やコストマリー主宰中世イベントなどでトーク役も。Alpha、AeC、Arcana、Ricercar、Zig-Zag TerritoiresなどCDライナーノート翻訳多数。

白沢達生の旅する古楽


<1月/地中海諸国の都と島~バロックの向こうにあった音楽のふるさと~>
12月30日/ローマ①コレッリのいないローマの音楽世界
12月31日/ローマ②コレッリのいるローマの音楽世界
1月1日/ヴェネツィア①ヴィヴァルディのいないヴェネツィア音楽世界
1月2日/ヴェネツィア②ヴィヴァルディのいるヴェネツィア音楽世界
1月3日/バルカン半島~ヴェネツィア共和国からギリシャへ、そして…

1月13日/ナポリ~イタリア半島のスペイン領
1月14日/スペイン①カタルーニャから内陸部へ
1月15日/スペイン②アンダルシアと沿岸部の意外な音楽
1月16日/島々~クレタ、キプロス、マヨルカ、シチリア…
1月17日/フランス 南仏地中海沿岸から、パリへ

THE CLASSIC オンエア曲リスト
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
白沢達生

出演:白沢達生

翻訳家・音楽ライター。英文学専攻を経て青山学院大学大学院で西洋美術史を専攻。音楽雑誌編集をへて輸入販売に携わり、仏・伊・英・独・蘭・西語など欧州諸言語の翻訳および音楽著述を手がけるように。訳書にジル・カンタグレル著『バッハを愉しむとき』(仏Alpha)、『フィリップ・ヘレヴェッヘとの対話』(カミーユ・ド・レイクによるインタビュー、ベルギーPhi)。かのうよしこ主宰「カキョクカフェ」企画協力、遠藤雅司主宰『音食紀行』やコストマリー主宰中世イベントなどでトーク役も。Alpha、AeC、Arcana、Ricercar、Zig-Zag TerritoiresなどCDライナーノート翻訳多数。