122chTHE JAZZ【Premium】

ジャズSPタイム


隔週日曜20:00~21:00
(翌週リピート)
ジャズSPタイム
瀬谷徹
THE AUDIOでも放送中!(土10:00~11:00)
19世紀末に生まれたジャズ、最初の録音はSPでした。100年の歴史を数えるジャズ録音の草創期をSPレコードで楽しみます。出演は蒐集歴40年以上のSPレコード・コレクター、瀬谷徹。

7月11日・25日/ベニー・グッドマン~キング・オブ・スウィングの軌跡③④
 第59回ではキング・オブ・スウィングことベニー・グッドマンの2回目を聴いていただきました。ベニー・グッドマンに関しては、どんな情報でも簡単に入手出来るのでここでは出来るだけ多くの演奏を楽しんでいただきたいと思っています。11日は1936年8月26日のハリウッド録音からスタートします。1936年12月9日のヘレン・ウォードの唄をフィーチャーしたGee! But You're Swellまでを紹介。アレンジはフレッチャー・ヘンダーソンが中心ですが、若手のジミー・マンディが起用されるなど、新しい面も聴くことが出来たと思います。25日は、その続きで1936年12月9日のニューヨーク録音からスタートします。[再放送=7月18日・8月2日]

7月11日の曲目 25日の曲目 
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
瀬谷徹

出演:瀬谷徹

1950年生まれ、つくば市在住のジャズ愛好家。SP録音時代の1920~1940年代を中心とするSPレコード・コレクターで蒐集歴40年以上。1987年6月から「JAZZ SPレコードを聴く会」を主宰し、2017年で30周年を迎えた。

ジャズSPタイム
瀬谷徹
6月13日・27日/ベニー・グッドマン~キング・オブ・スウィングの軌跡①②
 番組3回目と4回目ではアーリー・ベニー・グッドマンと題して、17歳時のベン・ポラック楽団から始まり、キング・オブ・スウィングと謳われるまでの過程を2回に亘って紹介しました。今回はスウィング黄金時代の口火をきった1935年のビクター録音からスタートします。フレッチャー・ヘンダーソンのアレンジによる洗練された演奏で多くのファンを熱狂させたキング・オブ・スウィングの演奏をたっぷり聴いていただきます。[再放送=6月20日・7月4日]

6月13日の曲目 27日の曲目 
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
瀬谷徹

出演:瀬谷徹

1950年生まれ、つくば市在住のジャズ愛好家。SP録音時代の1920~1940年代を中心とするSPレコード・コレクターで蒐集歴40年以上。1987年6月から「JAZZ SPレコードを聴く会」を主宰し、2017年で30周年を迎えた。

ジャズSPタイム
瀬谷徹
5月16日・30日/デューク・エリントン楽団~黄金時代を迎える巨匠⑧⑨
 デューク・エリントン楽団は7回をかけて1939年6月12日のブランズウィック時代までを紹介しました。デューク・エリントン楽団の大きな転機は1939年のベース奏者ジミー・ブラントンとの出会いとテナーサックス奏者ベン・ウェブスターの正式加入でしょう。そして、1940年に入ると、作・編曲者のビリー・ストレイホーンも参加し、最強布陣となったデューク・エリントン楽団の黄金時代が始まります。16日はジミー・ブラントンが参加した最初のコロンビア録音からスタートします。この時代の演奏は人気が高くCDやLPをお持ちの方も多いと思います。30日オンエアのビクターのSP盤は録音もよく、十分楽しんでいただけると思います。[再放送=5月23日・6月6日]

5月16日の曲目 30日の曲目 
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
瀬谷徹

出演:瀬谷徹

1950年生まれ、つくば市在住のジャズ愛好家。SP録音時代の1920~1940年代を中心とするSPレコード・コレクターで蒐集歴40年以上。1987年6月から「JAZZ SPレコードを聴く会」を主宰し、2017年で30周年を迎えた。