121chTHE CLASSIC【Premium】

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music


(月~金)15:00~18:00(リピートあり)
[アーカイヴ放送](月~金)12:00~15:00
ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)











▲画像をクリック(音源を購入できます)
ハイレゾ音源で聴きたい!珠玉のクラシック・セレクション。音にこだわるオーディオ・ファン、ハイレゾに初トライしてみたいという、クラシック・ファンのための番組。音楽ライター・原典子が、ハイレゾ音源配信サイトe-onkyo musicから選りすぐりのタイトルをお送りします。
番組連動コラム「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music」

7月/進化する室内楽/いちはや新譜紹介
 ハイレゾ音源というとオーケストラの大迫力のサウンドが人気ですが、じっくりと細部まで愉しむ室内楽も魅力的です。ということで今月は室内楽にフューチャーし、これからの時代をリードしていく新進気鋭のアーティスト達を特集。また毎月1回目は、e-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けしています。

7月1日・10日・19日/ いちはや新譜紹介
●『マリ』マリ・サムエルセン(Vn) クリスチャン・バズーラ(P、エレクトロニクス) ジョナサン・ストックハンマー指揮ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団
●『アントン・ガルシア・アブリル:無伴奏ヴァイオリンのための6つのパルティータ』ヒラリー・ハーン(Vn)
●『ミルコ・ラザール作品集』北谷直樹(Cemb) 杉田せつ子(Vn)

7月2日・11日・22日/進化する室内楽①弦楽四重奏 その1
●『シューベルト:弦楽四重奏曲第9番&第14番「死と乙女」』キアロスクーロ・カルテット
●『Landscapesーペルト、バルトーク、ハイドン、武満』シューマン・クァルテット
●『メンデルスゾーン:弦楽四重奏第5番、第6番』抜粋 エッシャー弦楽四重奏団

7月3日・12日・23日/②弦楽四重奏 その2
●『キャロライン・ショウ:オレンジ』アタッカ・カルテット
●『ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第14番』ジャスパー弦楽四重奏団
●『ブラームス:弦楽四重奏曲第1番、第2番、第3番/ピアノ五重奏曲』抜粋 ベルチャ弦楽四重奏団

7月4日・15日・24日/③ピアノ三重奏・ピアノ四重奏
●『ハイドン:ピアノ三重奏曲第27番、シューベルト:ピアノ三重奏曲第2番』葵トリオ
●『ドヴォルザーク、チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲』ルノー・カピュソン(vn)キアン・ソルターニ(vc)ラハフ・シャニ(p)
●『ルーマニア狂詩曲』抜粋 アンサンブル・ラロ、ジル・アパップ(vn)ダイアナ・ケトラー(p)

7月5日・16日・25日/④管楽器によるアンサンブル その1
●『DEBUT CONCERT』ザ・レヴ・サクソフォン・クヮルテット
●『♯ホルンライクス』ジャーマン・ホルンサウンド
●『エルンスト・オッテンザマーと息子たち』抜粋 アンドレアス・オッテンザマー、ダニエル・オッテンザマー、エルンスト・オッテンザマー(cl)

7月8日・17日・26日/⑤管楽器によるアンサンブル その2
●『ミクスト・ノート~木管五重奏曲集~』抜粋 アンサンブル・ミクスト
●『ベートーヴェン:管楽器とピアノのための作品集』レ・ヴァン・フランセ
●『金管七重奏のための音楽集 第5集』セプトゥーラ

6月4日・17日・28日/⑥六重奏・八重奏
●『ブラームス:弦楽六重奏曲 第1番・第2番』ベルリン・フィルハーモニー八重奏団員
●『シューベルト:八重奏曲、弦楽四重奏曲断章』エッディング四重奏団、アンサンブル・ノーザンライト
●『Sirba Orchestra! Russian, Klezmer & Gypsy Music』Sirba Octet

★アーカイヴも放送中
「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music アーカイヴ」
(月~金)12:00~15:00 リピートあり(トークなし)
7月は、2018年7月の内容「先取りコンサート情報&来日アーティスト特集」を再放送。


THE CLASSICオンエア曲リスト
原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)
















▲画像をクリック(音源を購入できます)
6月/コンチェルトの響宴/いちはや新譜紹介
 今月は、ソリストのヴィルトゥオーゾとオーケストラの迫力が1度に味わえる「協奏曲」の特集。定番のヴァイオリンやピアノ、チェロをはじめ、オーボエ、クラリネット、トランペット、マリンバなど、様々な楽器をテーマに24アルバムを厳選してご紹介。また毎月1回目は、e-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けしています。

5月27日・6月7日・20日/ いちはや新譜紹介
●『ヴァインベルク:交響曲第2番・第21番「カディッシュ」』ミルガ・グラジニーテ=ティーラ指揮クレメラータ・バルティカ、ギドン・クレーメル(Vn)
●『愛と死~バッハ、リスト、プロコフィエフ:ピアノ作品集』マーティン・ジェームズ・バートレット(P)

5月28日・6月10日・21日/コンチェルトの響宴①ヴァイオリン その1
●『バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1番&エネスコ:弦楽八重奏曲』ヴィルデ・フラング(Vn)ミッコ・フランク指揮フランス放送フィルハーモニー管弦楽団
●『タン・ドゥン:ヴァイオリン協奏曲「ラプソディとファンタジア&火の儀式』エルビョルグ・ヘムシング(Vn)タン・ドゥン指揮オスロ・フィルハーモニー管弦楽団
●『ヴィヴァルディ ~ 別れの協奏曲集』ファビオ・ビオンディ(Vn)エウローパ・ガランテ

5月29日・6月11日・24日/②ヴァイオリン その2
●『プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番・第2番』リサ・バティアシュヴィリ(Vn)ヤニック・ネゼ=セガン指揮ヨーロッパ室内管弦楽団
●『エトヴェシュ:三つの新しい協奏曲』五嶋みどり(Vn)ペーテル・エトヴェシュ指揮フランス放送フィルハーモニー管弦楽団
●『モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲全集 Vol.2 ~第2番, 第5番, 協奏交響曲 K.364』フランク・ペーター・ツィンマーマン(Vn)アントワーヌ・タムスティ(Vla)ラドスラフ・スルク指揮バイエルン放送室内管弦楽団

5月30日・6月12日・25日/③ピアノ その1
●『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番, パガニーニの主題による狂詩曲』アンナ・ヴィニツカヤ(P)クシシュトフ・ウルバンスキ指揮北ドイツ放送エルプフィルハーモニー管弦楽団
●『TVアニメ「ピアノの森」一ノ瀬 海 至高の世界』一ノ瀬海(P)ヤツェク・カスプシク指揮ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団
●『ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番&第5番「皇帝」』ティル・フェルナー(P)ケント・ナガノ指揮モントリオール交響楽団

5月31日・6月13日・26日/④ピアノ その2&ハープシコード
●『プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番、チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 他』ベフゾド・アブドゥライモフ(P) ユライ・ヴァルチュハ指揮RAI国立交響楽団
●『ミシェル・ルグラン:ピアノ協奏曲、チェロ協奏曲』ミシェル・ルグラン(P)ミッコ・フランク指揮フランス放送フィルハーモニー管弦楽団
●『J.S. バッハ:チェンバロ協奏曲集』マシュー・ホールズ(Cemb)レトロスペクト・アンサンブル

6月3日・14日・27日/⑤チェロ
●『エルガー: チェロ協奏曲 他』マリー=エリザベス・ヘッカー(Vc)エド・デ・ワールト指揮アントワープ交響楽団
●『バーバー:チェロ協奏曲、チェロ・ソナタ 他』クリスチャン・ポルテラ(Vc)アンドルー・リットン指揮ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団
●『ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲集』ゴーティエ・カピュソン(Vc)ワレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管弦楽団

6月4日・17日・28日/⑥管楽器 その1
●『モーツァルト:オーボエ四重奏曲、オーボエ協奏曲 他』アレクセイ・オグリンチュク(Ob、指揮)リトアニア室内管弦楽団
●『ウェーバー:クラリネット協奏曲 他』マルティン・フレスト(Cl)ジャン=ジャック・カントロフ指揮タピオラ・シンフォニエッタ
●『ニールセン:フルート協奏曲、クラリネット協奏曲 他』サミュエル・コールズ(Fl) マーク・ファン・デ・ヴィール(Cl)パーヴォ・ヤルヴィ指揮フィルハーモニア管弦楽団

6月5日・18日/⑦管楽器 その2
●『ハイドン、フンメル:トランペット協奏曲集』アリソン・バルサム(Tp、指揮)ブレーメン・ドイツ室内フィルハーモニー
●『須川展也~サクソフォン協奏曲集』須川展也(Sax)佐渡裕指揮BBCフィルハーモニック
●『テレマン:組曲/リコーダー協奏曲集』ダン・ラウリン(リコーダー)アルテ・デイ・スオナトーリ

6月6日・19日/⑧打楽器
●『マリンバのための協奏曲集』布谷史人(Mrb)ヨハネス・シュレーフリ指揮マンハイム・クアプファルツ選帝候室内管弦楽団
●『グバイドゥーリナ:今この時の中で&栄光のパーカッション』グロリアス・パーカッション、ジョナサン・ノット指揮ルツェルン交響楽団
●『ジョン・マクラウド:パーカッション協奏曲』エヴェリン・グレニー(Perc) ジョン・マクラウド指揮、ホリー・マティエソン指揮 ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団

★アーカイヴも放送中
「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music アーカイヴ」
(月~金)12:00~15:00 リピートあり(トークなし)
6月は、2018年6月の内容「世界のこだわりレーベル特集 その3~音の匠篇」を再放送。


THE CLASSICオンエア曲リスト


原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)













▲画像をクリック(音源を購入できます)
5月/大自然のクラシック/いちはや新譜紹介
 新緑の季節。世界の大作曲家たちは、大自然の美しさに魅せられて多くの作品を残しています。5月は、自然のスペクタクルを感じられる18アルバムをご紹介。また、毎月1回目は、e-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けしています。

4月29日・5月8日・17日/ いちはや新譜紹介
●『ニューヨーク・コンサート』エフゲニー・キーシン(P)エマーソン弦楽四重奏団
●『France Romance』福間洸太朗(P)

4月30日・5月9日・20日/①森
●『シューマン:ピアノ・ソナタ第2番、森の情景、暁の歌』内田光子(P)
●『シベリウス完全全集 その10 ピアノ曲 Vol.2』フォルケ・グラスベック(P)
●『ショスタコーヴィチ:カンタータ「森の歌」他』パーヴォ・ヤルヴィ指揮エストニア国立交響楽団、C,アンドレイエフ(T)A.タノヴィツキ(B)

5月1日・10日・21日/②山
●『R.シュトラウス:アルプス交響曲、《影のない女》管弦楽曲集、七つのヴェールの踊り』ウラディーミル・ユロフスキ指揮ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
●『ダンディ:管弦楽作品集 Vol.1』ラモン・ガンバ指揮アイスランド交響楽団
●『フランツ・リスト:交響詩集 Vol.1』ジャナンドレア・ノセダ指揮BBCフィルハーモニック

5月2日・13日・22日/③海
●『ドビュッシー:交響詩「海」、牧神の午後への前奏曲』ヤニク・ネゼ=セガン指揮グラン・モントリオール・メトロポリタン管弦楽団
●『ブリッジ:交響組曲「海」、狂詩曲「春の訪れ」、交響詩「夏」』ジェイムス・ジャッド指揮ニュージーランド交響楽団
●『細川俊夫: 管弦楽作品集 第2集[日本作曲家選輯]』準・メルクル指揮フランス国立リヨン管弦楽団

5月3日・14日・23日/④川
●『スメタナ:連作交響詩「わが祖国」』ラファエル・クーベリック指揮ボストン交響楽団
●『ヴォーン・ウィリアムズ:ロンドン交響曲(交響曲第2番)他』リチャード・ヒコックス指揮ロンドン交響楽団
●『陳剛・何占豪:ヴァイオリン協奏曲「梁山伯と祝英台」/殷承宗 他:ピアノ協奏曲「黄河」』チェン・ジー(p)キャロリン・クアン指揮ニュージーランド交響楽団

5月6日・15日・24日/⑤草原
●『The Symphony Lounge, Vol.1:6 Tone Poems‐Smetana, Debussy, Mussorgsky, Borodin & Dukas』ジャン・フルネ指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
●『J.S.バッハ:世俗カンタータVol.2』鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパン
●『ASTOR PIAZZOLLA ~アストル・ピアソラ作品集~』大萩康司(G)

5月7日・16日/⑥星
●『エストレリータ~ラテン・アメリカ名曲集』福田進一(G)
●『星月夜~ドビュッシー:前奏曲第1巻、版画』マイケル・レヴィン(P)
●『吉松隆:プレイアデス舞曲集』田部京子(P)

★アーカイヴも放送中
「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music アーカイヴ」
(月~金)12:00~15:00 リピートあり(トークなし)
5月は、2018年5月の内容「子どもと音楽」を再放送。


THE CLASSICオンエア曲リスト

原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。