121chTHE CLASSIC【Premium】

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music


(月~金)15:00~18:00(リピートあり)
[アーカイヴ放送](月~金)12:00~15:00
ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)














▲画像をクリック(音源を購入できます)
ハイレゾ音源で聴きたい!珠玉のクラシック・セレクション。音にこだわるオーディオ・ファン、ハイレゾに初トライしてみたいという、クラシック・ファンのための番組。音楽ライター・原典子が、ハイレゾ音源配信サイトe-onkyo musicから選りすぐりのタイトルをお送りします。
番組連動コラム「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music」

<銀幕のクラシック/いちはや新譜紹介>
 “北欧映画界の至宝”と言われたイングマール・ベルイマン監督。2018年は彼の生誕100年にあたります。『秋のソナタ』や『歓喜に向かって』など、ベルイマンの作品にはクラシックがふんだんに使用されています。ということで、10月のこの番組では、映画の中で使われたクラシックを取り上げながら、ハイレゾのアルバムをご紹介していきます。また、毎月1回目は、e-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けしています。

10月1日・10日・19日/ いちはや新譜紹介
●『バッハ・カレイドスコープ』ヴィキングル・オラフソン(P)
●『浄められた夜~ハイドン&シェーンベルク』アリサ・ワイラースタイン(Vc)トロンハイム・ソロイスツ
●『ナイトフォール』アリス=紗良・オット(P)

10月2日・11日・22日/銀幕のクラシック①スタンリー・キューブリック~『2001年宇宙の旅』『バリー・リンドン』『アイズ・ワイド・シャット』
●『R.シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」他』ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
●『シューベルト:ピアノ三重奏曲第2番、アルペジオーネ・ソナタ』アンチェ・ヴァイトハース(vn)マリー=エリザベス・ヘッカー(vc)マルティン・ヘルムヒェン(p)
●『ショスタコーヴィチ:ジャズ組曲第1番、第2番』ドミトリ・ヤブロンスキー指揮ロシア国立交響楽団

10月3日・12日・23日/②ルキノ・ヴィスコンティ~『ベニスに死す』『ルートヴィヒ』『夏の嵐』
●『マーラー:交響曲第5番』サー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
●『ワーグナー:管弦楽曲集』クリスティアン・アルミンク指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団
●『ブルックナー:交響曲第7番』アンドリス・ネルソンス指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

10月4日・15日・24日/③忘れられないシーン~『惑星ソラリス』『ワイルド・アット・ハート』『ゴッドファーザー PART III』
●『バッハ:オルガン作品集』塚谷水無子(org)
●『R.シュトラウス: 交響曲「死と変容」、4つの最後の歌』グンドゥラ・ヤノヴィッツ(S)ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
●『イタリア・オペラ管弦楽・合唱名曲集』アンドレア・バッティストーニ指揮カルロ・フェリーチェ劇場管弦楽団・合唱団

10月5日・16日・25日/④道ならぬ恋と音楽~『みじかくも美しく燃え』『逢びき』『恋人たち』
●『モーツァルト:ピアノ協奏曲第6、17、21番』ゲザ・アンダ(p)モーツァルテウム・カメラータ・アカデミカ、ザルツブルク
●『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 他』ガブリエラ・モンテーロ(P)カルロス・ミゲル・プリエート指揮ユース・オーケストラ・オブ・ジ・アメリカ
●『ブラームス:弦楽六重奏曲 第1&2番』ルノー・カピュソン、クリストフ・コンツ(vn)ジェラール・コセ、ゴーティエ・カピュソン(vc)他

10月8日・17日・26日/⑤音楽家たちのドラマ~『秋のソナタ』『25年目の弦楽四重奏』『マーラー』
●『ショパン:24の前奏曲』グリゴリー・ソコロフ(p)
●『ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第14番』ジャスパー弦楽四重奏団
●『マーラー:交響曲第10番(1976年クック版)』ヤニック・ネゼ=セガン指揮ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団 他

10月9日・18日・28日/⑥アニメ映画~『ファンタジア』『千夜一夜物語』『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』『時をかける少女』
●『デュカス:交響詩「魔法使いの弟子」、ミヨー:バレエ音楽「世界の創造」他』ハインツ・レーグナー指揮ベルリン放送交響楽団
●『リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」』小澤征爾指揮ボストン交響楽団、ショゼフ・シルヴァースタイン(vn)
●『甘き死よ来たれ/ゲリー・カー・バッハを弾く』ゲリー・カー(cb)
●『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』高橋悠治(p)

★アーカイヴも放送中
「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music アーカイヴ」
(月~金)12:00~15:00 リピートあり(トークなし)
8月は、2017年9月の内容「来日オーケストラ&演奏家特集2017」を再放送。


THE CLASSICオンエア曲リスト
原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)














▲画像をクリック(音源を購入できます)
<21世紀のレジェンドたち/いちはや新譜紹介>
 「巨匠」といわれる音楽家たちの中から、現役で活躍する8人を厳選し、各回一人ずつじっくりとご紹介していきます。また、毎月1回目は、e-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けしています。

8月27日・9月7日・20日/ いちはや新譜紹介
●『ベートーヴェン:チェロとピアノのための作品全集』マット・ハイモヴィッツ(vc)クリストファー・オライリー(フォルテピアノ)
●『バーンスタイン:交響曲全集』マリー=ニコル・ルミュー(Ms)アントニオ・パッパーノ指揮ローマ・サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団 他
●『五木田岳彦:葉の調べ~The Sonority of Leaves~』三ツ橋敬子指揮 東京フィルハーモニー交響楽団

8月28日・9月10日・21日/21世紀のレジェンドたち①マルタ・アルゲリッチ
●『デビュー・リサイタル
●『マルタ・アルゲリッチ セレブレーション02
●『ルガーノ・フェスティヴァル・ライヴ2016

8月29日・9月11日・24日/②アンドラーシュ・シフ
●『J.S.バッハ:パルティータ全曲
●『シューベルト:ピアノ・ソナタ第18番&第21番 他

8月30日・9月12日・25日/③マリス・ヤンソンス
●『ブルックナー:交響曲第8番(1890年稿)』ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団
●『マーラー:交響曲第7番ホ短調「夜の歌」』ヤンソンス指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
●『ストラヴィンスキー:バレエ「火の鳥」組曲(1919年版)、「春の祭典」』ヤンソンス指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

8月31日・9月13日・26日/④サイモン・ラトル
●『プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第1番、ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲』アンドレイ・ガヴリーロフ(p)サイモン・ラトル指揮ロンドン交響楽団
●『ブラームス:交響曲全集』ラトル指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
●『ブラームス(シェーンベルク編):ピアノ四重奏曲(管弦楽版)他』ラトル指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

9月3日・14日・27日/⑤ギドン・クレーメル
●『J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ (全曲)
●『カンチェリ:キアロスクーロ』ギドン・クレーメル(vn)パトリシア・コパチンスカヤ(vn)クラメラータ・バルティカ

9月4日・17日・28日/⑥チョン・キョンファ
●『チャイコフスキー&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲』チョン・キョンファ(vn)アンドレ・プレヴィン指揮ロンドン交響楽団
●『バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ(全曲)
●『フォーレ&フランク:ヴァイオリン・ソナタ集、フランス小品集』チョン・キョンファ(vn)ケヴィン・ケナー(p)

9月5日・18日/⑦ヨーヨー・マ
●『バッハ:トリオ ~チェロ、マンドリン、コントラバス』ヨーヨー・マ(vc)クリス・シーリー(マンドリン、g)エドガー・メイヤー(cb)
●『ゴリホフ:チェロ協奏曲「アズール」』ヨーヨー・マ(vc)マイケル・ヴァルド=ヴェルゲマン(ハイパー・アコーディオン)ジェイミー・ハダッド、シロ・バプティスタ(パーカッション)
●『ソングス・フロム・アーク・オブ・ライフ』ヨーヨー・マ(vc)キャサリン・ストット(p)

9月6日・19日/⑧チェチーリア・バルトリ
●『サンクトペテルブルク~女帝へ捧げられたアリア』チェチーリア・バルトリ(Ms)ディエゴ・ファソリス指揮スイス・イタリアーナ合唱団、イ・バロッキスティ
●『ミッション』チェチーリア・バルトリ(Ms)ディエゴ・ファソリス指揮イ・バロッキスティ
●『ステッファーニ:スターバト・マーテル』ディエゴ・ファソリス指揮イ・バロッキスティ、フランコ・ファジョーリ(C-T)

★アーカイヴも放送中
「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music アーカイヴ」
(月~金)12:00~15:00 リピートあり(トークなし)
8月は、2017年10月の内容「物語から聞こえる音楽」を再放送。


THE CLASSICオンエア曲リスト
原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)











▲画像をクリック(音源を購入できます)
ライジングスターをキャッチせよ!/いちはや新譜紹介
 2018年夏、いち早くチェックしたい期待の若手アーティストの特集です。若者の情熱に満ちたアツい演奏をお楽しみください。また、毎月1回目は、e-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けしています。

7月30日・8日・17日/いちはや新譜紹介
・『大澤壽人の芸術』山田和樹指揮 佐野央子(Cb)福間洸太朗(P)日本フィルハーモニー交響楽団
・『チャイコフスキー/交響曲第6番ロ短調Op74「悲愴」』マイケル・ティルソン・トーマス指揮サンフランシスコ交響楽団
・『余韻と手移り』高橋悠治(P)

7月31日・8月9日・20日/ライジングスターをキャッチせよ!①白熱のコンクール・ライヴ
・『クライバーン・ゴールド~ヴァン・クライバーン・コンクール・ライヴ2017』ソヌ・イェゴン(P)
・『クライバーン・ブロンズ~ヴァン・クライバーン・コンクール・ライヴ2017』ダニエル・シュー(P)
・『第1回ShigeruKawai国際ピアノコンクール ファイナル ~ Ryoma TAKAGI』髙木竜馬(P)

8月1日・10日・21日/②コンクールの覇者たち
・『シューマン:ピアノ・ソナタ第1番、幻想曲 他』クロエ・ジヨン・ムン(P)
・『ブラームス:ピアノ協奏曲集』アダム・ラルーム(P)山田和樹指揮ベルリン放送交響楽団

8月2日・13日・22日/③期待の大型新人
・『バッハ:ヴァイオリン協奏曲第1番・第2番、無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番』ダニエル・ロザコヴィッチ(Vn)バイエルン放送交響楽団
・『シベリウス:ヴァイオリン協奏曲~モントリオール国際音楽コンクールを制した辻彩奈の世界』辻彩奈(Vn)ジャンカルロ・ゲレーロ指揮モントリオール交響楽団
・『Polychrome』トビアス・フェルトマン(Vn)ボリス・クズネゾフ(P)

8月3日・14日・23日/④才色兼備の新星
・『プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第6番 他』抜粋 リカ・ビビレイシュヴィリ(P)
・『モナ=飛鳥・オット:シューベルトとリストを弾く』抜粋 モナ=飛鳥・オット(P)
・『サン=サーンス&オッフェンバック』カミーユ・トマ(Vc)ローランド・ビリャソン(T)ネマニャ・ラドゥロヴィチ(Vn)

8月6日・15日・24日/⑤要注目のヴァイオリニスト
・『ティアンワ・ヤン:スペインを弾く~ラロ:スペイン交響曲、マネン:コンシェルト・エスパニョール』抜粋 ティアンワ・ヤン(Vn)ダレル・アン指揮バルセロナ交響楽団、カタロニア国立管弦楽団
・『ストラヴィンスキー&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲』ジジョン・ワン(Vn)トーマス・ザンデルリンク指揮フィルハーモニア管弦楽団
・『ボルグストレム&ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲』エルドビョルク・ヘムシン(Vn)オラリー・エルツ指揮ウィーン交響楽団

8月7日・16日/⑥可能性は未知数
・『ハイドン:協奏曲集』リッカルド・ミナーシ(Vn&指揮)マキシム・エメリャニチェフ(hc&指揮)イル・ポモ・ドーロ 他
・『スーパー・サクソフォン・デュオ 松下 洋×ニキータ・ズィミン』松下洋、ニキータ・ズィミン(Sax)他
・『藝大レーベル Vol.2~ 未来の名手たち~-Next Generation-その2』辛川太一(HC)野間愛(Ms)佐々木美歌(S)山中麻鈴(P)

★アーカイヴも放送中
「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music アーカイヴ」
(月~金)12:00~15:00 リピートあり(トークなし)
8月は、2017年8月の内容「エキゾでフォークなクラシック」を再放送。


THE CLASSICオンエア曲リスト


原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。