121chTHE CLASSIC【Premium】

WORLD LIVE SELECTION


(日)12:00~14:00
再放送=(土)20:00~22:00 
WORLD LIVE SELECTION
エリーザベト・クールマン
WORLD LIVE SELECTION
ダニエル・ハーディング
WORLD LIVE SELECTION
フィリップ・ジョルダン
WORLD LIVE SELECTION
ユリア・フィッシャー
WORLD LIVE SELECTION
ジョン・エリオット・ガーディナー
巨匠と呼ばれる大物指揮者や人気急上昇の若手演奏家が登場する、世界中から大注目のコンサートを臨場感たっぷりにお届け。音楽評論家の奥田佳道氏によるコンサートや演奏者の解説も交えてお楽しみいただきます。学生時代はウィーンに身を置いて勉強し、現在も現地の音楽祭に足しげく通う、“ウィーン通”の奥田氏による解説で、本場ヨーロッパの一流アーティスト達の最新情報を網羅的にご紹介します。

<”黄金のホール”ムジークフェライン2018>
 1870年設立の「黄金のホール」を持ち、ウィーン・フィルの本拠地であるムジークフェライン。現在もその歴史は途切れることなく、毎年約800ものコンサートが開催されています。「ムジークフェライン音楽祭」2018最新シーズンから年始にふさわしい豪華なコンサートを厳選してお届けします。さらに、奥田佳道氏による解説とアーティストの最新情報も交えてお楽しみください。

1月6日/クールマン(Ms)ハーディング指揮ウィーン・フィルのバーンスタイン「エレミア」&マーラー第5番
 2019年最初の放送は、ダニエル・ハーディング指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団による華やかなステージで新年スタートです!3月にマーラー・チェンバー・オーケストラを率いて来日する人気急上昇ハーディング。お届けするメインプロは、マーラーの交響曲第5番。コンサートの前半は、バーンスタインの交響曲第1番「エレミア」。日本にも多くのファンを持つエリーザベト・クールマン(Ms)をソリストに迎えてお送りします。[再=12日] 曲目はこちら

1月13日/ジョルダン指揮ウィーン交響楽団のドヴォルジャーク第8番、ユリア・フィッシャー(Vn)シューマン協奏曲
 ウィーン交響楽団と、2014年に首席指揮者に就任したフィリップ・ジョルダンによるコンサートをお届けします。ボヘミア独立を描き、明るくのどかな田園的なドヴォルジャークの交響曲第8番と、名手ユリア・フィッシャーを独奏に迎えた、シューマンのヴァイオリン協奏曲。[再=19日] 曲目はこちら

1月20日/ガーディナー指揮イングリッシュ・バロック・ソロイスツのバッハ
 ジョン・エリオット・ガーディナーと手兵イングリッシュ・バロック・ソロイスツによる、バッハのカンタータ「目覚めよと呼ぶ声あり」ほか。バッハの作品に長年深く関わって来たガーディナーならではのプログラミングでお楽しみください。[再=26日] 曲目はこちら

(音源提供:オーストリア放送協会 出演:奥田佳道)
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

【速報!:4月放送決定~ザルツブルク音楽祭2018】
ヨーロッパ最大のクラシック・フェスティバル『ザルツブルク音楽祭』。 2018年から話題の公演を一挙に放送!  
■コンスタンティノス・カリディス指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン少年合唱団ほか:モーツァルト「魔笛」前・後篇  
■キリル・ペトレンコ指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団:R.シュトラウス交響詩「ドン・ファン」、ベートーヴェン交響曲第7番ほか
(ほか)



奥田佳道

出演:奥田佳道

1962年東京生まれ。ヴァイオリンを学ぶ。ドイツ文学、西洋音楽史を専攻。ウィーン大学に留学。くらしき作陽大学講師、エリザベト音楽大学パフォーマンス・フォーラム講師を務めた。「音楽の友」「N響フィルハーモニー」などへの執筆のほか、1993年からNHK、日本テレビ、WOWOW、クラシカ・ジャパンの音楽番組に出演。1997年から2017年まで毎年「ウィーン・フィルニューイヤーコンサート」生中継(BS、FM、Eテレ)の解説を行なった。また2004年から2013年まで北九州国際音楽祭のミュージック・アドヴァイザーを務めたほか、NHK音楽祭、せんくら、日本フィル横浜定期演奏会などでプレトークを担当。現在「オペラ・ファンタスティカ」パーソナリティのひとり。ラジオ深夜便「奥田佳道のクラシックの遺伝子」「オトナのリクエストアワー」に出演中。アサヒグループ芸術文化財団音楽部門選考委員。フッペル鳥栖ピアノコンクール審査員。朝日カルチャーセンター新宿、北九州各講師。中日文化センター講師。NHK文化センター講師。著書・監修に「これがヴァイオリンの銘器だ」(音楽之友社)、「知ってるようで知らないバイオリンおもしろ雑学事典」(ヤマハ・ミュージックメディア)ほか。