124chTHE AUDIO

アナログ・サウンド大爆発!~オレの音ミゾをほじっておくれ


(日)9:00~10:00 再放送=(日)20:00~21:00
アーカイヴ放送=(日)10:00~11:00、21:00~22:00
アナログ・サウンド大爆発!~オレの音ミゾをほじっておくれ
山野楽器銀座店・神尾マネージャー(右) 田中伊佐資(右)
アナログ・サウンド大爆発!~オレの音ミゾをほじっておくれ
音楽ライター・鈴木佳行(左)

【動画】夏に聴きたかった昭和歌謡(10/30&11/6放送)



 
【動画】田中伊佐資がオーディオ・ファンお宅訪問!
 おなじみの人気オーディオ・ライター、田中伊佐資による待望の「アナログ・レコード」専門番組。60年~70年代の洋楽ロック&ポップスを中心に、邦楽、ジャズなどアナログ録音時代のお宝サウンドを掘り起こします。番組専用の最新ターンテーブルとカートリッジを採用、アナログ製品情報にもご注目! 「オリジナル盤や最新復刻盤を中心にアナログ独特のぶっとい音をオンエアします。もちろんオーディオの耳寄り情報も出し惜しみしません。たまにレコードのチリパチもあるでしょうけど、そこは大目に見てください。」(田中)

10月2日・9日/山野楽器・神尾孝弥さんのレコード日記
 山野楽器銀座店ジャズ・フロア・マネージャーの神尾孝弥さん。CD売り場で働きながら自宅ではレコードしか聴かないというアナログ人間です。休日には都内のレコード店をまわり、家ではレコード日記をつけている神尾さんにとって「レコードは出会い」。10月2日はある日に買ったジャズ・レコードを特集。9日は大好きなカウント・ベイシーを特集。

10月16日・23日/来日50周年「ビートルズの日本盤をめぐる旅」 
 ゲストは音楽ライターの鈴木佳行さん、1998年に上梓した「ロック&ポップス アナログレコードジャケット」(京都書院)はレコ・ジャケ本のはしりとなりました。中学生の頃お小遣いで買った1700円の国内盤が今や中古で数万円超えるほどのビートルズ&アナログ・ブーム、2週にわたり鈴木さんがリアル・タイムで聴いてきたビートルズの国内盤や独自編集盤を聴きます。オリジナル盤には入っていない曲やバージョンを通じて当時の日本人に映ったビートルズの姿が見えてくるかも・・・

10月2日の曲目 9日の曲目 16日の曲目 23日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

田中伊佐資

出演:田中伊佐資

音楽出版社を経てフリーライターに。「ジャズライフ」「ジャズ批評」「月刊ステレオ」「オーディオアクセサリー」「analog」などにソフトとハードの両面を取り混ぜた視点で連載を執筆中。著作に「オーディオ風土記」(DU BOOKS)「ぼくのオーディオ ジコマン開陳 ドスンと来るサウンドを求めて全国探訪」(SPACE SHOWER BOOKS)がある。

アナログ・サウンド大爆発!~オレの音ミゾをほじっておくれ
café GINGER.TOKYOの高山聡さん。(右は田中伊佐資)
アナログ・サウンド大爆発!~オレの音ミゾをほじっておくれ
doLuck jazz 平井清貴プロデューサー。

【動画】夏に聴きたかった昭和歌謡(10/30&11/6放送)



 
【動画】田中伊佐資がオーディオ・ファンお宅訪問!
9月4日・11日/日本では人気がない洋楽名曲特集
 カフェの街として今脚光を浴びている東京の下町、清澄白河のcafé GINGER.TOKYOのオーナー、高山聡さんを迎えます。29年間の区役所勤務のあと、念願のお店を持った高山さん、店内には45rpmというシングル・レコードの専門ショップも構えています。ここで扱っているのはスリーブ付きの国内盤が中心、その理由は「思い出とリンクしている」から(高山さん)。FENで育った洋楽世代の高山さんが、本国ではヒットしたのに日本のラジオではほとんどかかることがない1970年代の隠れた名曲を特集します。

9月18日・25日/思い出のジャズ・レコードと珍盤奇盤特集
 ジャズ喫茶megのホームページ管理人、そしてdoLuck jazzレーベルのプロデューサー、平井清貴さん。レーベルのプロデューサーとしては3年間で10作という快調なペースで作品を発表している平井さんがジャズ一筋人生で出会った思い出のレコードを特集(18日)。初めて買ったテディ・ウィルソンのレコード、バイトで録音に立ち会ったソニー・ロリンズの来日ライブ盤、そして初めてボーカルに魅了されたジュリー・ロンドンなど。25日はオーディオ・マニアが喜ぶ優秀録音盤や珍盤奇盤を特集。Hi-FI黎明期のオーディオ企画盤、バド・シャンクのラッカー盤、ロイ・エアーズのダイレクト・カッティング盤などジャズ&オーディオ・ファン感涙のアルバムを集めてお送りします。

9月4日の曲目 11日の曲目 18日の曲目 25日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

田中伊佐資

出演:田中伊佐資

音楽出版社を経てフリーライターに。「ジャズライフ」「ジャズ批評」「月刊ステレオ」「オーディオアクセサリー」「analog」などにソフトとハードの両面を取り混ぜた視点で連載を執筆中。著作に「オーディオ風土記」(DU BOOKS)「ぼくのオーディオ ジコマン開陳 ドスンと来るサウンドを求めて全国探訪」(SPACE SHOWER BOOKS)がある。

アナログ・サウンド大爆発!~オレの音ミゾをほじっておくれ
田中伊佐資(左) 桑本洋(右)
アナログ・サウンド大爆発!~オレの音ミゾをほじっておくれ
大原洋志(左) 

【動画】夏に聴きたかった昭和歌謡(10/30&11/6放送)



 
【動画】田中伊佐資がオーディオ・ファンお宅訪問!
8月7日・14日/イージー・リスニング天国~桑本洋さんを迎えて
 「クラシックとジャズだけが大人の音楽じゃない」と、退職後”イージーリスニング”啓蒙活動をライフワークとして始めた桑本洋さん。10年の間、単行本(「イージーリスニング天国」「イージーリスニング天国2」)や雑誌『Analog』での連載コラムを通しイージーリスニングの魅力を伝えてきました。お話しを伺いながら1930年代から50年代までの芳醇なイージーリスニング・サウンドを聴きます。古き良き時代の味わいと香りをお楽しみください。1日はムード・ミュージック系、8日はラテン系を。

8月21日・28日/廃盤専門店店主が語るマニアとっておき話 
ゲスト:大原洋志(Root Record)

 オリジナルを中心としたジャズとボーカルのレコード専門店、水道橋駅そば『Root Record』の大原洋志さんをお迎えします。水道橋の駅そばに店を構えて14年、学生時代からジャズを聴いてきた大原さんの愛聴盤を聴きながら仕入、検聴、クリーニングなど日々のお仕事から盤のしまい方、手入れと管理、湿度、カビとの闘い、内袋、外袋、底抜け防止の方法、音飛びドクター、愛すべきマニアなお客さんまで、廃盤レコード屋の店主ならではの経験と観察眼でこりない面々の尽きない話をお届けします。21日はジャズ・インスト編、28日はジャズ・ボーカル編。

8月7日の曲目 14日の曲目 21日の曲目 28日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。


田中伊佐資

出演:田中伊佐資

音楽出版社を経てフリーライターに。「ジャズライフ」「ジャズ批評」「月刊ステレオ」「オーディオアクセサリー」「analog」などにソフトとハードの両面を取り混ぜた視点で連載を執筆中。著作に「オーディオ風土記」(DU BOOKS)「ぼくのオーディオ ジコマン開陳 ドスンと来るサウンドを求めて全国探訪」(SPACE SHOWER BOOKS)がある。