124chTHE AUDIO【Premium】

オーディオ・ケ・セラ・セラ


隔週土曜9:00~10:00
再放送=土曜20:00~21:00 (翌週リピート)
オーディオ・ケ・セラ・セラ
オーディオ・ケ・セラ・セラ
ヴィンテージ・オーディオを愛する「VintageJoin」の店主・キヨトマモルがTHE AUDIOに登場!シンプルに楽しい音を奏でるオーディオ屋ならではのテクニックやアイデアを紹介します。 VintageJoin

7月10日・24日/RTFのカートリッジとEtrena①②
 今回で3回目のご当地カートリッジとご当地レーベル紹介は東ドイツを代表するレーベル「エテルナ」と、カートリッジ「RFT」を取り上げます。ドイツのレーベル・名奏者と聞くと多くはカラヤンやドイツ・グラモフォンなど西ドイツ側がメジャーですが、東ドイツ側にもコンヴィチュニーなどの名奏者がいることは多くのファンの知るところとなっています。放送ではカール。ズスケをはじめとする東ドイツの名演奏家や当時録音事情や、「東側」で製造されたカートリッジでの音源比較視聴を行います。ヴェールの取れた東ドイツ音源の真の姿をお楽しみください。[再放送=17日・31日]

7月10日の曲目 24日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。


★「オーディオ・ケ・セラ・セラ」プロモーション動画公開中!
キヨトマモル

出演:キヨトマモル

ヴィンテージオーディオ・ショップ「VintageJoin」店主。

オーディオ・ケ・セラ・セラ
オーディオ・ケ・セラ・セラ
6月12日・26日/TeslaのカートリッジとSupraphon①②
 前回の「メロディヤとロシアン・カートリッジ特集」以降、「ご当地のカートリッジでご当地のレコードかけてみたい」と考えたキヨトさん。その第2弾としてチェコを代表するレーベル『スプラフォン』とチェコ生まれのカートリッジ「テスラ」を2回にわたって取り上げます。スプラフォンやテスラの歴史の解説とテスラ製の「VM-2101」と「VM2102」を用いた比較視聴。ヨセフ・スークをはじめとする名演奏家が「テスラ」で解き放たれ、躍動して聴こえてくる様子は必聴です。[再放送=6月19日・7月3日]

6月12日の曲目 26日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。


★「オーディオ・ケ・セラ・セラ」プロモーション動画公開中!
キヨトマモル

出演:キヨトマモル

ヴィンテージオーディオ・ショップ「VintageJoin」店主。

オーディオ・ケ・セラ・セラ
オーディオ・ケ・セラ・セラ
オーディオ・ケ・セラ・セラ
5月1日/”analog”の真実 その3
 第50、51回では語りつくせなかったアナログ再生の極意について引き続きお届けします。今回は現在販売されている入門・中級機種のターンテーブルの評価、海外製のターンテーブル選びでの注意点など、実際に購入にあたって何を心がければよいかについてキヨト流に切り込みます。これでターンテーブル選びに迷いがなくなる!?[再放送=8日]

5月15日・29日/ロシアのカートリッジとメロディヤ音源 ①②
 冷戦当時の「西側」で、「鉄のカーテン」の向こう側の音楽に興味を持つ人々は多くいました。事実、リヒテルやムラヴィンスキーなどの伝説的な演奏は今なお聴き継がれています。今回はミステリアスな魅力のつまったロシア(ソ連)のレーベル「メロディヤ」とロシアン・レコードを2回に分けて特集します。放送では「メロディヤ」などロシア盤の魅力を同じロシア製のカートリッジ「ZDM55」と「3M-205M」を用いて当時の「ソ連」の空気感を余すことなくお届けします。カーテンの先にある重厚で神秘的な音色をキヨト流のメロディヤ考察とともにお楽しみください。[再放送=5月22日・6月5日]

5月1日の曲目 15日の曲目 29日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。


★「オーディオ・ケ・セラ・セラ」プロモーション動画公開中!
キヨトマモル

出演:キヨトマモル

ヴィンテージオーディオ・ショップ「VintageJoin」店主。