121chTHE CLASSIC【Premium】

クラシック・レコードの世界


(土)23:00~24:00
(翌週再放送)
クラシック・レコードの世界


▲画像をクリック(レコードを購入できます)
「生演奏」とも「ハイレゾ」とも違うクラシックの愉しみ方、それは「レコード」。アナログならではの味わい深いクラシックの魅力をご紹介します。出演は、輸入レコード販売「ベーレンプラッテ」の金子学、キング・インターナショナルの大川健。

7月18日/20世紀の偉大な演奏家を「オリジナル盤」で聴く⑤アルゲリッチ
 ポリーニと人気を二分する現代最高のピアニスト、マルタ・アルゲリッチ。1941年生まれのアルゲリッチはまもなく生誕80年を迎えますが今も現役です。数年前に初LP化された話題になったチェリビダッケとの共演盤(1974年録音)、そして「アルゲリッチ・デビュー」の名前であまりにも有名なLP「デビュー・リサイタル」(1960年録音)をステレオ、モノ盤で聴き比べました。(金子)[再放送=25日]

7月4日/20世紀の偉大な演奏家を「オリジナル盤」で聴く④マルツィ
 LPでの入手は特に難しいハンガリーのヴァイオリニスト、ヨハンナ・マルツィのレコードを聴きましょう。マルツィのレコードは私も年に1回見るかみないか、あってもあまりに高すぎて扱えないか。今回たまたま「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番」が入手できましたのでスタジオに持参しました。他にヨッフムとの共演になる「モーツァルト・ヴァイオリン協奏曲第4番」(DGG盤)を聴きます。[再放送=11日]

7月4日の曲目 18日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

クラシック・レコードの世界


▲画像をクリック(レコードを購入できます)
6月6日/バックハウス(Pf)の超レア名盤
6月20日/アニア・タウアー(Vc)の幻の名盤
 6日は、「ベートーヴェン・ソナタ集」(英DECCA)、「最後の演奏会」(独DECCA)を紹介。また20日は、入手難のタウアーの「シューベルト/アルペジオーネ・ソナタ」(独ATTACCA)と、「レーガー/無伴奏チェロ組曲第3番」(独DGG)。[再放送=13日・27日]

6月6日の曲目 20日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

クラシック・レコードの世界
▼画像をクリック(レコードを購入できます)



▲画像をクリック(レコードを購入できます)
5月9日/ベートーヴェン生誕250周年記念②~カラヤンとラトルの「第二」
 全9曲のうち、目立たない存在ながら、ベートーヴェンの個性が十二分に発揮されていると金子が特に愛する、交響曲第2番をカラヤンの1977年盤(DGG)と、ラトルの2015年盤(BPOレコーディング)で聴き比べます。[再放送=16日]

5月23日/二人の「秘蔵盤」~知られざる指揮者・珍盤特集
 今回は、二人が自慢(?)の「知られざる」LPを持ち寄ってきました。大川は、のちにベートーヴェンの作ではないと判明した、「イエナ」交響曲(ヴィット作曲)をコンヴィチュニーのDGGの古い盤で聴きます。金子は、ハンガリーの指揮者・ガラグリのコダーイの「ハーリ・ヤーノシュ」組曲(東独エテルナのテストプレス)を持ってきました。(金子学)[再放送=30日]

5月9日の曲目 23日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。