124chTHE AUDIO【Premium】

クラシック・レコードの世界


★放送チャンネル&時間変更(日)13:00~14:00
(翌週再放送)
クラシック・レコードの世界



▲画像をクリック(レコードを購入できます)
「生演奏」とも「ハイレゾ」とも違うクラシックの愉しみ方、それは「レコード」。アナログならではの味わい深いクラシックの魅力をご紹介します。出演は、輸入レコード販売「ベーレンプラッテ」の金子学、キング・インターナショナルの大川健。

<20世紀の偉大な演奏をオリジナル盤で聴く>
10月4日/⑨ブランディーヌ・ヴェルレ
 2018年に亡くなったフランスのチェンバロ奏者、ブランディーヌ・ヴェルレ。長岡鉄男氏に注目されたことから日本のオーディオ・ファンの間では今も人気です。「A級セレクション」にも登場した「イタリア協奏曲」含むヴェルレのレコードをオリジナル盤で聴きます。[再放送=11日]

10月18日/⑩追悼イダ・ヘンデル
 今年6月、91歳で亡くなったヴァイオリン奏者、イダ・ヘンデル。有名な割に録音が少ない彼女ですがこの日はアビー・ロード・スタジオ録音盤(イダ・ヘンデルのヴァイオリン・リサイタル)を中心に聴きます。48歳の頃の優秀録音、そして超がつく入手困難盤です。そして昨年世に出た未発掘音源「イダ・ヘンデル ドヴォルザーク/シューマン ヴァイオリン協奏曲集」(キング・インターナショナル)も。[再放送=25日]

10月4日の曲目 18日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
クラシック・レコードの世界


▲画像をクリック(レコードを購入できます)
9月12日/20世紀の偉大な演奏をオリジナル盤で聴く⑦チェリビダッケ
 レコーディングが嫌いだったチェリビダッケが生前に唯一OKを出したブルックナー録音のアルバム「チェリビダッケのブルックナー/交響曲第7番ほか」、ほかにチェリビダッケの自作自演「秘密の小箱」など、”超”がつく入手困難盤をお送りします。[再放送=19日]

9月26日/20世紀の偉大な演奏をオリジナル盤で聴く⑧ジネット・ヌブー
 若くして飛行機事故で世を去った悲劇のヴァイオリニスト、ジネット・ヌブー。ヌヴーのブラームスといえばイッセルシュット共演盤が定番ですがデゾルミエール共演盤との聴き比べや超人気盤「ジネット・ヌヴーの芸術」(EMI)ほか。[※この回の再放送はございません]

★10月より124ch「THE AUDIO」に移動します。(日)13:00~14:00

9月12日の曲目 26日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
クラシック・レコードの世界



▲画像をクリック(レコードを購入できます)
8月1日/ダイレクトカット盤で聴く「ハイティンク最後の演奏会」
 昨年引退したハイティンクとベルリンフィルの最後の演奏会がなんとダイレクト・カッティング盤で発売された。レコーディング経験の多いハイティンク、そしてベルリンフィルだからこそできた離れ業といえる。久しぶりのオーケストラのダイレクト・カッティングで完全無修正一発録音の醍醐味を味わう。[再放送=8日]

8月15日/20世紀の偉大な演奏をオリジナル盤で聴く⑤エディト・パイネマン
 ドイツの女流ヴァイオリニスト、エディト・パイネマン。「ドヴォルザーク/ヴァイオリン協奏曲」、パイネマンといえばまずはこれ、1965年プラハでの優秀録音です。そしてLPで復刻されたばかりの注目の放送音源「ベルリン・リサイタル」と新旧2枚のアナログ音源を紹介。[再放送=22日]

8月29日/20世紀の偉大な演奏をオリジナル盤で聴く⑥クララ・ハスキル
 没後60周年を経た今も人気の高いルーマニアのピアニスト、クララ・ハスキル。グリュミオーとの1956年共演「モーツァルト/ヴァイオリンソナタ第40&42番」、まさに定番の一枚をオリジナル・モノラル録音で。他にも去年初LP化されたクレンペラーとのモントルーライブ共演アルバム「モーツァルト・アーベント」(1956年)やスカルラッティ・ピアノ・ソナタ集(ウエストミンスター盤)などの稀少盤をお届け。[再放送=9月5日]

8月1日の曲目 15日の曲目 29日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。