124chTHE AUDIO【Premium】

クラシック・レコードの世界


(日)13:00~14:00
(翌週再放送)
クラシック・レコードの世界



▲画像をクリック(レコードを購入できます)
「生演奏」とも「ハイレゾ」とも違うクラシックの愉しみ方、それは「レコード」。アナログならではの味わい深いクラシックの魅力をご紹介します。出演は、輸入レコード販売「ベーレンプラッテ」の金子学、キング・インターナショナルの大川健。

10月3日/クナッパーツブッシュのワーグナー
 ワーグナー演奏といえばクナッパーツブッシュといわれるほど神格化されているドイツの指揮者ハンス・クナッパーツブッシュ、豪放磊落な指揮っぷりを3枚の歴史的名盤で。[再放送=10日]

10月17日/フリッチャイのモーツァルト
 フルトヴェングラーの後継者としてドイツ・グラモフォンが期待していたハンガリーの指揮者、ヘレンツ・フリッチャイ。若くして亡くなりますがモノからステレオの移行期に多くの名盤を残しました。フリッチャイといえばモーツァルトと言われることも多いモーツアルト演奏をモノラル盤で聴きます。[再放送=24日]

10月3日の曲目 17日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
クラシック・レコードの世界


▲画像をクリック(レコードを購入できます)
9月5日/東ドイツの人気レーベル「エテルナ」を聴く②スウィトナーのモーツァルト
 中古市場で人気が高く、なかなか聴く機会の少ない東ドイツのエテルナ・レーベル。今回はレーベルの花形指揮者スウィトナーが残したモーツァルト録音を聴きます。[再放送=12日]

9月19日/アーノンクールの名盤を聴く
2016年に亡くなった指揮者アーノンクールを偲んで。バロックの斬新な解釈でクラシック界に新風をもたらしたニコラウス・アーノンクールのオリジナル盤を聴きます。[再放送=26日]

9月5日の曲目 19日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

クラシック・レコードの世界

▲画像をクリック(レコードを購入できます)
8月8日/20世紀の偉大な演奏をオリジナル盤で聴く~カール・ズスケのエテルナ名盤
 東ドイツのエテルナ・レーベルにとってなくてはならない存在のヴァイオリニスト、カール・ズスケ。今もファンの心をつかんで離さないズスケの名盤を聴きます。1985年DMM方式の録音「ズスケ&グレツナーのバッハ/協奏曲集vol.2」。そして1968年優秀録音「ズスケ&オルベルツのベートーヴェン/ヴァイオリンソナタ第4&5番「春」。 [再放送=15日]

8月22日/東ドイツの人気レーベル「エテルナ」を聴く①クライバーの名演
 中古市場で人気が高く、なかなか聴く機会の少ない東ドイツのエテルナ・レーベル。同一録音を西ドイツのグラモフォン盤と比較して聴いてみました。[再放送=29日]

8月8日の曲目 22日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。