124chTHE AUDIO

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ


(日)0:00~1:00
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
牧野持侑さんによるスタジオ生演奏!
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
ネーモー・コンチェルタート
週毎のテーマによるゲストとの対談番組。音楽家はもちろんのこと、映像作家、写真家、小説家、詩人など多岐にわたり、幅広い分野から話題の人物が登場します。したがって音楽のジャンルもその都度様々で、クラシックや現代音楽、ワールド・ミュージック、演歌まで、多種多様に紹介。スタジオ・ライブや取材構成も随時ある不定形番組です。これまでに、東京のストリート・ミュージシャンを描いた「泳ぐ楽園・東京版」でギャラクシー大賞受賞、「アジアでカラオケOK!!」で民放連賞優秀賞受賞など、数々の賞に輝いています。
<TOKYO FMでも放送中!毎週日曜AM4:30~5:00> 過去の放送内容



6月5日/「倍音浴」が「覚醒浴」に! ゲスト:牧野持侑(じゅん)
 大小さまざまのクリスタルボウルによって圧倒的な倍音空間を作り上げる牧野持侑さんの「倍音浴シリーズ」の最新アルバムは「覚醒浴」。昨年2月にルーテル市ヶ谷ホールでライヴ録音したものです。カリフォルニアで1985年にクリスタルボウルと出会って30年、数十個のアルケミークリスタルボウルが共鳴して作り上げる音響は、心と体にどのような作用を及ぼすのか。スタジオでの生演奏も聞きながら体験していただきましょう。

6月12日/板橋文夫&森山威男、オレたちの童謡 ゲスト:板橋文夫 
 1949年生まれのピアニスト、板橋文夫。1945年生まれのドラマー森山威男。この二人がピアノとドラムだけによる演奏で、「おぼろ月夜 童謡」と題したアルバムを出しました。「ふるさと」「海」「めだかの学校」「赤とんぼ」・・・日本人なら誰でも知っているメロディをジャズの奔放さと繊細さで奏でます。年齢を重ねた男たちの胸に去来するものは?

6月19日/おとなのための俊太郎
ゲスト:ネーモー・コンチェルタート(辻康介、鈴木広志、根本卓也)  

 ルネサンスなど古楽と異ジャンルのレパートリーと演奏家を融合する試み「ネオ・ラジカル古楽歌謡」を標榜する歌手、辻康介。クラシックからワールドミュージックまでボーダレスに活動、「あまちゃんオーケストラ」や「清水靖晃とサキソフォネッツ」のメンバーでもあるサックス奏者、鈴木広志。そして、チェンバロを武器に過去から未来へのタイムトンネルを自在に行き交う根本卓也。この3人によって2003年ごろから活動するネーモー・コンチェルタートが谷川俊太郎の詩に作曲した曲を集めて『おとなのための俊太郎』と題したCDブックを作りました。「おぼうさん」「ポルノ・バッハ」「臨死船」「飼育係」「これが私の優しさです」・・・こんなタイトルから、あなたはどんな曲を想像しますか。“おとなのための”の意味するところは?ネーモー・コンチェルタートの3人を迎えてお送りします。

6月5日の曲目 12日の曲目 19日の曲目 26日の曲目 
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
能地祐子(左) 田中美登里(右)
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
薮田翔一

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
武久源造

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
『ゴルトベルク変奏曲』

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
武田砂鉄(左) 森達也(右)

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
在りし日の星川京児さん。ご冥福をお祈りします。

5月8日/ロック・ファンのためのクラシック入門 ゲスト:能地祐子
 8日のゲストは音楽ライターの能地祐子さん。学生時代から音楽ライターの仕事を始め、ロックからJ-POP、歌謡曲までジャンルを問わず執筆活動をしている能地さんですが、10年ほど前にクラシック音楽の魅力に目覚め、クラシックのコンサートに通ったり、様々な方法でクラシックにアクセス中。萩原健太さんが編集長を務める電子書籍版の音楽雑誌「ERIS」の最新号でクラシックを論じています、それもアメリカのクラシック界について。ラジオでクラシックについてお話しするのは初めて、という能地さん、どんな言葉で語ってくださるのか、田中も興味津々です!

5月15日/ゲンダイオンガク2016~ジュネーヴ国際音楽コンクール優勝!作曲家・薮田翔一の音楽レシピ
ゲスト:薮田翔一(作曲家)
 
 若手音楽家の登竜門として知られるジュネーヴ国際音楽コンクールで昨年、作曲部門で日本人初の優勝を果たした32歳の作曲家、薮田翔一さんを迎えます。薮田さんはまた2016年の出光音楽賞も受賞、将来性を高く買われる存在です。クラシックの魔界とも言える「ゲンダイオンガク」の世界に足を踏み入れたきっかけには意外な人の名が。今、作曲を志す若者の心の内にあるものは。また今日の「ゲンダイオンガク」の意味するところに迫ります。

5月22日/低音補強!ゴルトベルク変奏曲の新しいチャレンジ
ゲスト:武久源造 山川節子

 あらゆる時代の鍵盤楽器に通じる演奏家、武久源造によるバッハ『ゴルトベルク変奏曲』の新録音をご紹介。日本でチェンバロによる『ゴルトベルク変奏曲』を最初に録音したのは武久にほかなりませんが、2度目の録音で、現在では稀な存在となった16フィート・ストップ弦を備えたチェンバロで演奏しています。楽器は福島県いわき市のいわき芸術文化交流館アリオス所蔵のもの。彼のスタジオを訪ね、二つの録音を聞き比べながら、新録音の目指すところを明らかにします。

5月29日0:00~0:30/映画「FAKE」をめぐって 森達也×武田砂鉄
 聴覚障害をもちながら、「鬼武者」などのゲーム音楽や『交響曲第1番《HIROSHIMA》』を発表し、「現代のベートーヴェン」と称賛された佐村河内守氏。ゴーストライターだった作曲家・新垣隆氏の告白会見によって評価が一転、謝罪会見を行うも、その後はメディアから姿を消していました。その佐村河内氏を、オウム真理教のドキュメンタリーなどを発表してきた森達也監督が、1年4か月にわたって撮影した映画が6月4日から公開されます。タイトルは「FAKE」。偽造する、見せかける、インチキ、虚報。スタジオには「FAKE」 を監督された森達也さんと、ライター武田砂鉄さんをお迎えします。武田さんはドゥマゴ賞を受賞した著書『紋切型社会』(朝日出版社)の中で、今、日本社会にひろがる「紋切り型な表現、フレーズ」に注目、それらの言葉の背後にある人々の凝り固まった思考、思考停止状態へ警鐘をならしました。物事の真実とは何か、果たして真実など存在するのか。二人の対談から見えてくるものは? 映画『FAKE』

5月29日0:30~1:00/音楽プロデューサー・星川京児さんを偲んで
 5月16日に亡くなった音楽プロデューサー星川京児さんを偲び、今年1月31日にご出演いただいた回を再放送します。民族音楽と純邦楽に広く通じ、行動力にあふれたかけがえのない存在でした。63歳という早すぎる死が悔やまれますが、お酒と音楽をこよなく愛した星川さん、天国で思う存分「粋酒粋音」してください。ご冥福をお祈りします。

5月8日の曲目 15日の曲目 22日の曲目 29日の曲目 
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
井生明(左)、一噌幸弘(右)
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
ヴィックゥ・ヴィナーヤクラーム

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
ホムスを演奏する直川礼緒さん
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
口琴の形に貼られた写真
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
マトリョーシカも口琴を

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
自転車で現れる新宿タイガー
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
タイガーさんと美登里

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
歌舞伎座にて。片山杜秀(左) 山崎浩太郎(右)
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
日比谷のゴジラ前。
3月27日/親子三代で打つ天上のリズム、に一噌幸弘が挑戦!
4月3日/南インドに魅せられて
ゲスト:一噌幸弘(能楽一噌流笛方)、井生明(「天上のリズム」実行委員会代表)

 3月27日と4月3日の2回は、当番組ではおなじみ、笛の未来形を果敢に切り拓く一噌幸弘さんが登場。そして、南インドのカルチャーを多角的に紹介する活動をしている井生明さんがご一緒。井生さんは4月に来日する南インドの人間国宝級音楽家ヴィックゥ・ヴィナーヤクラーム率いる打楽器と声のアンサンブルの公演「天上のリズム」の仕掛人。ヴィナーヤクラームは70年代にはジョン・マクラフリン率いるグループ「シャクティ」で活躍。彼が操る日本壺太鼓「ガタム」と南インドの超絶リズムの魅力は世界中で有名になりました。日本公演で共演する音楽家として井生さんが白羽の矢を立てたのが一噌さん。インドと日本の古典が21世紀の日本でどのように共振するのか、興味は尽きません。3月27日は共演のシミュレーションも交えてお届け。一噌さんがゲスト出演する「天上のリズム」は4月16日(土)18:30~東京・中野ZERO小ホール。4月3日は南インドの音楽から声楽やヴィーナの演奏、そして北インドとは異なるお料理の魅力についても、語り合います。

4月10日/口琴にしびれて~サハの口琴博物館25周年記念イベント参加報告 
ゲスト:直川礼緒

 2月10日~23日まで、東京四谷のランプ坂ギャラリーで行われた「サハの口琴博物館25周年」展の会場を訪問。案内してくださるのは、日本口琴協会代表の直川礼緒さんです。ユーラシア大陸北東部のシベリアにあるサハは「世界一寒い国」としても知られていますが、サハで「ホムス」と呼ばれる口琴は国民的楽器。直川さんは去年2015年11月、サハの「世界民族口琴博物館」開館25周年記念イベント「口琴の10日間」(11月26日~12月5日)に参加しました。サハの人々にとってホムスはどのような存在なのか、そしてホムスが奏でる音楽とは。日本口琴協会を立ちあげてこれも25年になる直川さんの演奏にもご期待ください。なお、東京・高円寺の「円盤」で行われる日本口琴協会月例会は、4月から毎月第4水曜日の開催になります。次回は4月27日。

4月17日/新宿ジャングルを駆け抜ける謎の新聞配達人、人呼んで「新宿タイガー」 ゲスト:新宿タイガー
 世界一の利用客を誇る新宿駅。その南口に4月4日、新高速バスターミナル「バスタ新宿」がオープン、お隣に新しい複合施設もオープンして、新宿が大きく変わろうとしています。その新宿の繁華街を夕方歩いていると、タイガーマスクのお面をつけたド派手ないでたちで駆け抜けていく不思議な人物に出会うことがあります。40年以上も新聞配達を続けている彼、人呼んで「新宿タイガー」。ある日の夕方、彼に密着取材しました。彼はなぜ「タイガー」になったのか。映画をこよなく愛する彼の眼に新宿はどのように映っているのか。彼が届けているのは新聞だけではないかもしれない・・・。

4月24日・5月1日/帝都クラシック探訪 ゲスト:山崎浩太郎 片山杜秀
前篇:新橋~銀座~有楽町/後篇:日比谷界隈

 4月24日と5月1日の2回は、クラシック音楽をテーマにした街歩きにご案内。ミュージックバードTHE CLASSICでおなじみの山崎浩太郎さんは、クラシック音楽の演奏史を生き生きと伝える執筆活動をしており、演奏史譚を名乗っています。雑誌「アルテス」の連載として音楽都市TOKYOを歩くシリーズをスタートし、単行本化を目指して、散歩を重ねています。題して「帝都クラシック探訪」。東京の音楽生活を彩ってきた音楽ホールやレコード店などをめぐり、その土地の歴史とともに紹介します。今回は“芝居と映画が三度の飯より好き”な音楽評論家、片山杜秀さんが散歩のお供。旧新橋停車場からスタートし、音楽、映画、演劇が花咲いた街、銀座、有楽町、日比谷を探訪します。明治、大正、昭和とこの街がたどった歴史も見えてきます。

3月27日の曲目 4月3日の曲目 10日の曲目  17日の曲目 
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。